研究業績



研究業績-2015年

【英文業績】

Putri M, Syamsunarino MR, Iso T, Yamaguchi A, Hanaoka H, Sunaga H, Koitabashi N, Matsui H, Yamazaki C, Kameo S, Tsushima Y, Yokoyama T, Koyama H, Nada A A, Kurabayashi M: CD36 is indispensable for thermogenesis under conditions of fasting and cold stress. Biochem Biophys Res Commun 2015 Feb; 457(4): 520-5.

Heryanto Y D, Achmad A, Taketomi-Takahashi A, TsushimaY: In vivo molecular imaging of cancer stem cells. Am J Nucl Med Mol Imaging 2014 Dec 15; 5(1): 14-26.

Hanaoka H, Ohshima Y, Suzuki Y, Yamaguchi A, Watanabe S, Uehara T, Nagamori S, Kanai Y, Ishioka N, Tsushima Y, Endo K, Arano Y: Development of a Widely Usable Amino Acid Tracer:
76Br-α-Methyl-Phenylalanine for Tumor PET Imaging. J Nucl Med 2015 May; 56(5): 791-7.

Kim M, Achmad A, Higuchi T, Arisaka Y, Yokoo H, Yokoo S, Tsushima Y: Effects of Intractumoral Inflammatory Process on 18F-FDG Uptake:Pathologic and Comparative Study with 18F-Fluoro-α-Methyltyrosine PET/CT in Oral Squamous Cell Carcinoma. J Nucl Med 2015 Jan 56(1): 16-21.

Okamura T, Nakajima Y, Satoh T, Hashimoto K, Sapkota S, Yamada E, Okada S, Fukuda J, Higuchi T, Tsushima Y, Yamada M: Changes in visceral and subcutaneous fat mass in patients with pheochromocytoma. Metabolism 2015 Jun; 64(6): 706-12.

Tosaka M, Tsushima Y, Watanabe S, Sakamoto K, Yodonawa M, Kunimine H, Fujita H, Fujii T: Superficial subarachnoid cerebrospinal fluid space expansion after surgical drainage of chronic subdural hematoma. Acta Neurochir (Wien) 2015 Jul; 157(7): 1205-14.

Yokobori Y, Toyoda M, Sakakura K, Kaira K, Tsushima Y, Chikamatsu K: 18F-FDG uptake on PET correlates with biological potential in early oral squamous cell carcinoma. Acta Oto-Laryngologica 2015 May; 135(5)494-9.

Kumasaka S, Miyazaki M, Tsushima Y: CT-guided percutaneous cryoablation of an aggressive osteoblastoma: A case report. JVIR 2015 Nov; 26(11): 1746-8

Shitara H, Shimoyama D, Sasaki T, Hamano N, Ichinose T, Yamamoto A, Kobayashi T, Osawa T, Iizuka H, Hanakawa T, Tsushima Y, Takagishi K: The Neural Correlates of Shoulder Apprehension: A Functional MRI Study. PLoS ONE 2015 Sep 9; 10(9)

Shintawati R, Achmad A, Higuchi T, Shimada H, Hirasawa H, Arisaka Y, Takahashi A, Nakajima T, Tsushima Y: Evaluation of bone scan index change over time on automated calculation in bone scintigraphy. Ann Nucl Med 2015 Dec, 29(10): 911-20

Aoki M, Shibuya K, Kaneko M, Koizumi A, Murata M, Nakajima J, Hagiwara S, Kanbe M, Koyama Y, Tsushima Y, Oshima K: Massive hemothorax due to inferior phrenic artery injury after blunt trauma. World J Emerg Surg. 2015 Nov 24;10:58

Tokue H, Takahashi Y, Hirasawa S, Awata S, Kobayashi S, Shimada T, Tokue A, Sano R, Kominato Y, Tsushima Y: Intestinal obstruction in a mentally retarded patient due to pica. Ann Gen Psychiatry. 2015 Jul 31;14:22.

Hayashi N, Yarita K, Sakata K, Motegi S, Nagase H, Ujita K, Ogura A, Ogura T, Shimada T, Tsushima Y: [Development of an Optimizing Program of Scanning Parameters for Double Inversion Recovery MRI]. Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai Zasshi. 2015 Jun;71(6):512-9.

Yamaguchi A, Hanaoka H, Fujisawa Y, Zhao S, Suzue K, Morita A, Tominaga H, Higuchi T, Hisaeda H, Tsushima Y, Kuge Y, Iida Y: Differentiation of malignant tumours from granulomas by using dynamic [(18)F]-fluoro-L-α-methyltyrosine positron emission tomography. EJNMMI Res. 2015 Apr 30;5:29.

Tokue A, Higuchi T, Arisaka Y, Nakajima T, Tokue H, Tsushima Y: Role of F-18 FDG PET/CT in assessing IgG4-related disease with inflammation of head and neck glands. Ann Nucl Med. 2015 Jul;29(6):499-505.

Nakajima I, Aoki J, Sakurai S, Naitoh H, Taketomi-Takahashi A, Tsushima Y: Local massive venous invasion in colorectal cancer: CT-pathological correlation and its clinical implication. Br J Radiol. 2015 Jan;88(1045):20140319.

Tosaka M, Sato K, Amanuma M, Higuchi T, Arai M, Aishima K, Shimizu T, Horiguchi K, Sugawara K, Yoshimoto Y. Superficial siderosis of the central nervous system caused by hemorrhagic intraventricular craniopharyngioma: case report and literature review. Neurol Med Chir (Tokyo). 2015;55(1):89-94.

Fukushima Y, Taketomi-Takahashi A, Nakajima T, Tsushima Y: Prefecture-wide multi-centre radiation dose survey as a useful tool for CT dose optimisation: report of Gunma radiation dose study. Radiat Prot Dosimetry. 2015 Dec;167(4):519-24.

このページのトップへ

【和文業績】

対馬義人, 田島廣之: 第10回日本北米国際放射線シンポジウム報告. 臨床画像 Vol. 31 No.1, 2015

宮崎将也, 対馬義人: Perfusion CT. 最新肝癌学-基礎と臨床の最新研究動向- Vol.73 No.1,2015 日本臨牀社

大竹英則, 倉石政彦, 武井宏行, 対馬義人, 吉永信治, 甲斐倫明, 遠藤啓吾: 放射線診療と小児の健康に関わる調査研究−大規模追跡調査に向けた予備調査の結果から−. 診療放射線学教育学 Vol.3, 2015

粟田さち子, 対馬義人: 医療機関外死亡における死後画像診断の実施に関する研究. 死後画像読影ガイドライン2015年版 金原出版株式会社

宮崎将也, 対馬義人: さまざまな疾患に対する経皮的凍結療法−当院の経験から−. MEDIX Vol.62

中野祥子, 氏田万寿夫, 対馬義人: 中枢気道疾患. 画像診断 Vol.35 No.3, 2015

林 則夫, 鑓田 和真, 坂田 梢, 茂木 俊一, 長瀬 博之, 氏田 浩一, 小倉 明夫, 小倉 敏裕, 島田 健裕, 対馬 義人: Double inversion recovery (DIR) 法における最適な撮像条件算出プログラムの開発. 日本放射線技術学会雑誌 Vol. 71 No. 6, 2015

樋口徹也, 有坂有紀子, 金舞, 中野祥子, 横尾聡, 対馬義人: 口腔外科・歯科領域の核医学1FDG-PET/CT. 臨床画像 Vol.31No.7, 2015

金舞, 有坂有紀子, 中野祥子, 樋口徹也, 横尾聡, 対馬義人: 口腔外科・歯科領域の核医学2FAMT-PETや骨シンチグラフィなど. 臨床画像Vol.31 No.7, 2015

徳江梓, 樋口徹也, 有坂有紀子, 中島崇仁, 徳江浩之, 対馬義人: 神経内分泌腫瘍に対するPET/CTの有用性―18F-FDG-PET/CTを中心に. INNERVISION Vol.30, No. 12

岡内研三, 対馬義人:
IMAGING Findings] 多発性内分泌腫瘍症1型(MEN1)
[IMAGING Findings] 多発性内分泌腫瘍症2型(MEN2)
[IMAGING Findings] 遺伝性褐色細胞腫・傍神経節細胞腫(PPGL)
[IMAGING Findings] 家族性下垂体腫瘍(FIPA)
[IMAGING Findings] ACTH非依存性両側副腎皮質大結節性過形成(AIMAH)
[IMAGING Findings] Carney complex(CNC)
[IMAGING Findings] McCune-Albright症候群(MAS)
[IMAGING Findings] 原発性アルドステロン症(PA)
臨床画像 Vol.31 10月増刊号, 2015

福島康宏: CTにおける患者被ばくの現状と被ばく管理の実際. 臨床画像 Vol.31 No.12, 2015

関優子, 須藤高行: 血管造影検査およびIVRにおける医療従事者被ばく管理. 臨床画像 Vol.31 No.12, 2015

高橋亮介: Lower extremity/Leg(下肢). 企画: 対馬義人, 臨床画像 Vol.31 No.12, 2015

樋口徹也: 核医学を通してつながる群馬とアジアの絆の構築を目指して. THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL Vol.65, No.4, 2015

対馬義人(編): 放射線診療のリスクマネージメント 放射線科医,診療放射線技師,看護師,そしてなにより患者さんのために. 臨床画像 12月号 2015

福島康宏: CTにおける患者被ばくの現状と被ばく管理の実際. 臨床画像12月号 2015

関優子, 福島康宏: 血管造影検査およびIVRにおける医療従事者被ばく管理. 臨床画像 12月号 2015

このページのトップへ

【学会・研究会発表】

小泉彩奈: Lhermitte-Duclos病のPET所見. 第272回 Open Film Conference 1.15, 群馬

金舞, 樋口徹也, 有坂有紀子, 福島康宏, 宮崎英隆, 対馬義人, 横尾聡: 口腔扁平上皮癌の予後予測における18F-FDGおよび18F-FAMTPETの有用性. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 1.29-30, 奈良

金舞, 樋口徹也, 有坂有紀子, 宮崎英隆, 対馬義人, 横尾聡: アミノ酸代謝動態画像を用いた口腔腫瘍の評価. 第34回日本画像医学会 2.27-28, Tokyo

A.A.P.Kartamihardja, Nakajima T, Kameo S, Tsushima Y: Gadolinium Deposition during normal Glomerulus Filtration Rate. ECR 3.4-8, Vienna, Austria

Nakano S, Takahashi R, Shibuya K, Tsushima Y: CT imaging of cougenital tracheo-broudial anowaly. The 3rd Asian congress of Thoracic Imaging, 3.20-22, Taipei, Taiwan

Shibuya K, Nakano S, Hirasawa S, Koyama Y, Tsushima Y: Accuracy of ultrasound in detecting pneumothorax interpreted by inexperienced physician after a 30 minutes lecture. The 3rd Asian congress of Thoracic Imaging, 3.20-22, Taipei, Taiwan

富田優衣: 唾液腺シンチグラフィーで高集積を呈した顎下腺腺房細胞癌の1例. 第273回Open Film Conference 3.26, 群馬

山田宏明: Fluorine-18-α-Methyltyrosine を用いたダイナミックPET-CTによる, 脳腫瘍の集積維持比の検討. 第74回日本医学放射線学会総会 4.16-19, 横浜

熊坂創真: FDGおよびFAMT-PETによる肺癌予後予測の検討. 第74回日本医学放射線学会総会 4.16-19, 横浜

Duong Duc Binh: ヨード内用療法後甲状腺癌の臨床指標としてのヨード集積と血性サイログロブリン値との比較. 第74回日本医学放射線学会総会 4.16-19, 横浜

Rini Shintawati Cahaya: Bone Navi を用いた骨シンチの定量性評価における注射後撮像開始時間の影響についての検討. 第74回日本医学放射線学会総会 4.16-19, 横浜

Ratianto: ワークステーション間によるSUV計測値の違いについての検討. 第74回日本医学放射線学会総会 4.16-19, 横浜

Anu Battarai: ヨードおよび臭素ベース造影剤を用いたデュアルエナジーCTによる動脈硬化プラーク検出の検討. 第74回日本医学放射線学会総会 4.16-19, 横浜

Achmad Adhipatria Kartamihardja: ICP-MSを用いた正常マウスへのガドリニウム沈着の解析. 第74回日本医学放射線学会総会 4.16-19, 横浜

宮崎将也: 類骨骨腫に対するCTガイド下経皮的凍結療法の初期経験. 第74回日本医学放射線学会総会 4.16-19, 横浜

Erdene Khongorzul: ICP-MSを用いた正常マウス脳へのガドリニウム沈着の解析. 第74回日本医学放射線学会総会 4.16-19, 横浜

小平明果: FDG-PET及びMRI遅延造影による心サルコイドーシスの病変領域診断の比較. 第74回日本医学放射線学会総会 4.16-19, 横浜

中野祥子, 中島崇仁, 松田吉裕, 森田英夫, 対馬義人: CTおよびFDG−PET/CTを中心とした気管腫瘍の画像診断. 第74回日本医学放射線学会総会 4.16-19, 横浜

渋谷圭, 平澤聡, 中野祥子, 宮崎将也, 小山佳成, 対馬義人: すぐに使える超音波による気胸の診断法. 第74回日本医学放射線学会総会 4.16-19, 横浜

宮崎将也, 渡辺義也, 徳江浩之, 対馬義人: 肝悪性腫瘍に対する経皮的凍結療法−手技の実際とコツ−. 第74回日本医学放射線学会総会 4.16-19, 横浜

高橋綾子, 対馬義人: 英語で上腹部超音波検査を行う院内ワークショップの初期経験. 第74回日本医学放射線学会総会 4.16-19, 横浜

金舞, 樋口徹也, 有坂有紀子, 福島康宏, 宮崎英隆, 対馬義人, 横尾聡: 口腔扁平上皮癌の予後予測における18F-FDGおよび18F-FAMTPETの有用性. 第69回日本口腔科学会学術大会 5.13-15, 大阪

Achmad A, 山口藍子, 宮崎将也, 中島崇仁, Huda M, 保坂純男, 対馬義人: 腫瘍特異的超音波造影画像化のためのポリマー・ベース PFOB immuno ナノバブル. 日本超音波医学会第88回学術集会 5.22-24, 東京

Shibuya K, Tahara H, Kumasaka S, Koyama Y, Tsushima Y: The balloon anchor technique in balloon occluded transarterial chemoebolization for hepatic tumors: novel technique for parent catheter advancement. JSIR 5.28-30, Miyazaki

Tokue H, Hirasawa S, Koyama Y, Miyazaki M, Shibuya K, Aoki M, Tsushima Y: Percutaneous image-guided biopsy for non-mass-forming isolated splenomegaly. JSIR 5.28-30, Miyazaki

Aoki M, Tokue H, Koyama Y, Miyazaki M, Shibuya K, Hirasawa S, Shimada T, Tsushima Y, Oshima K: Transcatheter arterial embolization with n-butyl cyanoacrylate for arterial esophageal bleeding in esophageal cancer patients. JSIR 5.28-30, Miyazaki

Koizumi A, Miyazaki M, Takahasi R, Nakano S, Tokue H, Tsushima Y: Assessment of renal masses after percutaneous cryoablation using contrast-enhanced ultrasonography. JSIR 5.28-30, Miyazaki

Takahashi R, Miyazaki M, Koizumi A, Tokue H, Tsushima Y: Assessment of renal masses after percutaneous cryoablation using T2-weighted magnetic resonance imaging. JSIR 5.28-30, Miyazaki

Ryan Yudistiro, 中島崇仁, 小平明果, 有坂有紀子, 樋口徹也, 対馬義人: 18F-FDG-PET/CTにて経過を追いえたIgG4関連疾患の一例. 第59回群馬県核医学研究会 5.30, 群馬

登坂雅彦, 堀口桂志, 大澤匡, 好本裕平, 柴崎尚, 有坂有紀子, 樋口徹也, 対馬義人: 下垂体トルコ鞍近傍病変のFDG-PET. 第59回群馬県核医学研究会 5.30, 群馬

高橋亮介: Meandering right pulmonary vein(MRPV)4DCTによる診断. 第274回 Open Film Conference 6.11, 群馬

江原雅之: 気管支動脈塞栓術併用経皮的凍結療法においてPerfusion CTが有用であった肝細胞癌肺転移の1例. 第275回 Open Film Conference 7.9, 群馬

宮崎将也: Amplatzerバスキュラープラグを用いた血管塞栓術が有効であった上腸間膜静脈・下大静脈シャントの1例. 第35回日本静脈学会総会7.10-11, 奈良

熊坂百香, 宮崎将也, 久保田潤, 鈴木茂正, 富田優衣, 対馬義人: PpPD術後の巨大性動脈瘤に対しB-glue法を併用してisolationに成功した一例. 第27回関東IVR研究会 7.18, 東京

江原雅之, 宮崎将也, 徳江浩之, 中野祥子, 対馬義人: 気管支動脈塞栓術併用経皮的凍結療法においてPerfusion CTが有用であった肝細胞癌肺転移の一例. 第27回関東IVR研究会 7.18, 東京

高橋亮介: T2強調MR画像を用いた腎腫瘤に対する経皮的凍結療法後の再発予測に関する検討. 第3回JSURT 泌尿器画像診断・治療技術研究会 9.25-26, 京都

OhshimaY, Suzuki H, Hanaoka H, Watanabe S, Watanabe S, Watanabe N, TsushimaY, Endo K, Arano Y, Ishioka N: Development of 2-[211At]astato-a-methyl-L-phenylalanine (2-AAMP) as a novel radiopharmaceutical for internal radiotherapy. Pacifichem2015, 12.15-20, Honolulu Hawaii,USA

このページのトップへ