現在使用しているテンプレートファイル:category.php

CATEGORY


駒寄小学校にて<2016.12.22>

お知らせ

12月20日(火)、Andriana Putriさんが英語の授業のTAとして吉岡町立駒寄小学校に行ってきました。
元気いっぱいの子供達と英語を交えてコミュニケーションを図ることができ、とても楽しく貴重な体験でした。
このような機会を設けて頂きました事に感謝申し上げます。ありがとうございました。

putri%ef%bc%8d%e5%86%99%e7%9c%9f

このページのトップへ

忘年会が行われました。<2016.12.20>

お知らせ

◇12月9日 前橋テルサにて 【放射線部の忘年会】 1年間病院の業務に邁進し、放射線部を支えて下さった医師・放射線技師の方々の中から下記の賞(各1名)を選出し、表彰しました。
CT Reader 2016, MR Reader 2016, NM Reader 2016, Best Sonologist 2016, Interventionalist 2016, Best Reader 2016, 部長賞, 技師長賞, 特別賞
◇12月16日 前橋市内にて 【DIR meeting・DE meeting合同忘年会】 師走のお忙しい中多くの方にお集まり頂き、ありがとうございました。

このページのトップへ

研究開発助成金の受領者に選ばれました。<2016.12.8>

お知らせ

准教授 中島崇仁先生が、公益財団法人 島津科学技術振興財団 の研究開発助成金の受領者に選ばれました。おめでとうございます。
来年の2月24日、京都ホテルオークラにて行われる助成金贈呈式に出席する予定です。
研究課題 『 質量分析装置を用いた臨床用ガドリニウム造影剤の体内イオンバランスに及ぼす影響 』 掲載記事2016.12
2016年12月9日上毛新聞13面に掲載されました。

このページのトップへ

明日のポスター発表についてお知らせ<2016.12.8>

お知らせ

GUMI&AMDE2016 第3回群馬大学医理工生命医科学融合医療イノベーション国際シンポジウム
第8回先端微細素子に関する国際会議
http://hrcc.opric.gunma-u.ac.jp/AMDE2016/
にて中島崇仁先生がポスター発表をします。
発表のテーマはこちらです。
A Novel Quantitative Evaluation Method for Medical Imaging Based on a Cooperative Human Vision Model.
Takahito Nakajima and Toshikazu Matsui

このページのトップへ

取材の記事が掲載されました。<2016.11.29>

お知らせ

現在米国のChicagoで行われている学会(RSNA 2016)にて、昨日 福島康宏氏がPoster sessionをした際に取材を受けました。その記事がradiology.bayer.comのRSNA 2016/Scientific Reports に掲載されています。

このページのトップへ

第4回ANMEGシンポジウム・学習成果発表会のお知らせ<2016.11.14>

お知らせ

◇日時 平成28年11月18日(金)14:00~16:55 ◇場所 臨床大学院講堂  会場の場所はこちらでご確認ください。→地図
今回で4回目となるANMEGシンポジウム・学習成果発表会が行われます。ANMEGプログラムに在籍している学生達が自身の研究成果を発表します。また、特別講演として、公衆衛生学講座 小山洋教授にご口演して頂く予定です。ご都合のつく方は是非ご参加下さい。※事前の申込は不要です。

【お問い合わせ先】
群馬大学大学院 放射線診断核医学
電話:027-220-8401 メール:info@anmeg.com

2

このページのトップへ

Anticancer Researchにaccept されました。<2016.11.11>

お知らせ

下記タイトルの論文がアクセプトされました。
詳細については後日研究業績ページにアップ致します。
『Usefulness of 18F-α-Methyltyrosine PET as Therapeutic Monitoring of Patients with Advanced Lung Cancer.』
KYOICHI KAIRA, TETSUYA HIGUCHI, NORIAKI SUNAGA, YUKIKO ARISAKA, TAKESHI HISADA, HIDEYUKI TOMINAGA, NOBORU ORIUCHI, TAKAYUKI ASAO, YOSHIHITO TSUSHIMA and MASANOBU YAMADA

このページのトップへ