現在使用しているテンプレートファイル:category.php

CATEGORY


第75回日本医学放射線学会総会にて発表します。<4.13>

お知らせ

当科からは下記の先生(3名)と留学生(3名)が発表をする予定です。
宮崎将也先生; CT Fluoroscopy Guided Percutaneous Cryoablation for Painful Musculoskeletal Lesions: Technical Tips andTricks.
徳江浩之先生; 17G cryoneedles percutaneous cryoablation in patients with lung tumors: A perliminary experience.
熊坂由香先生; CT evaluation of corpus luteum bleeding
Gu Wenchao; Evaluation of new PET tracer of fluorine -18 labeled peptide targetin GP3 for imaging Hepatocellular carcinoma.
Ryan Yudistiro; Semiquantitative parameters of 18F-Fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomography and 111In-Ibritumomab tiuxetan scintigraphy as prognastic factor of 90Y-ibritumomab tiuxetan therapy.
Lamid-Ochir Oyunbold; Early prediction of therapeutic effect of cyroablation using bioluminescence image: An experimental study.

このページのトップへ

類骨骨腫に対する凍結療法の論文 アクセプト<2016.4.12>

お知らせ

下記の論文が、日本低温医学会の英文雑誌にアクセプトされました。
詳細については、後日研究業績ページにアップします。

論文タイトル: Improved Percutaneous CT fluoroscopy-guided Cryoablation Technique for Osteoid Osteoma: a report of two cases.
雑誌名: Low Temperature Medicine
著者: Masaya Miyazaki, Kenichi Saito, Takashi Yanagawa, Yoshito Tsushima

このページのトップへ

科学研究費助成事業、採択。 <2016.4.5>

お知らせ

各種、科学研究費助成事業における採択の通知が届きました。

【平成28年度科学研究費助成事業、基金】

勝又奈津美先生 基盤研究(C)、島田健裕先生 基盤研究(C)、山口藍子先生 若手研究(B)

【平成28年度第1回科学研究費助成事業(特別研究員奨励費)】

金舞先生 特別研究員奨励費

このページのトップへ

小山佳成先生をかこむ会。 <2016.3.31>

お知らせ

3月25日(金)、イタリアンレストランチェントにおいて小山佳成先生(放射線部准教授)をかこむ会がひらかれました。永きにわたり放射線部を牽引してくださった小山先生の会とあって大勢の関係者の方々の出席を得。あちらこちらで談笑がくりひろげられ、先生との思い出ばなし、未来のお話し、に花が咲いていました。会の閉めくくりに先生ご自身のお話をお聞きし、クールな外見とは一味もふた味も違う、温かな(熱い)お人柄に心うたれました。

小山佳成先生、ありがとうございました。   そして、これからも宜しくお願いします。
小山先生を囲む会2小山先生を囲む会1

このページのトップへ

平成28年度「内分泌・代謝学共同研究拠点」に採択されました。<2016.3.31>

お知らせ

平成27年度に引き続き、新年度も群馬大学生体調節研究所との共同研究プロジェクトが進められます。

研究課題: 76Br標識GLP-1受容体親和性ペプチドを用いたPETイメージング

研究所担当教員: 代謝シグナル解析分野 教授 北村忠弘先生

当科担当教員: 医学系研究科 分子画像学 准教授 中島崇仁先生

このページのトップへ

第280回Open Film Conference。 <2016.3.31>

お知らせ

去る、3月24日、群馬大学医学部臨床中講堂において第280回Open Film Conferenceが開催されました。当教室からはANMEG2期生のRYAN YUDISTIRO先生(インドネシア)が発表、また、特別講演として放射線医学総合研究所主任研究員 栗原千絵子先生からは研究倫理と利益相反についての基礎および実践のお話を伺い、大変貴重な時間をもつことができました。栗原先生、遠いところからのご参加ありがとうございました。
3.24 OFC3.24 OFC2

尚、次回第281回Open Film Conferenceは、5月26日開催予定です。

このページのトップへ