第8回日本IVR学会関東地方会にて発表。 <2013.7.9>

お知らせ

7月13日、東京コンファレンスセンター・品川にて開催された第8回日本IVR学会関東地方会にて3名の先生が発表をしました。

渡邊義也先生 『大量吐血で発症した大動脈腸管瘻に対し、NBCAによる一時塞栓に成功した一例』

熊坂創真先生 『逸脱したマイクロコイルをデタッチャブルコイルに内包して安定化させることに成功した1例』

菅原茂耕先生 『バルーン閉塞による腫瘍内血行動態の変化をCT angiography によって良好に描出できたB-TACEの一例』

 関東地方会

このページのトップへ