第265回Open Film Conferenceが開催されました。 <2013.11.22>

お知らせ

去る、11月21日群馬大学医学部保健学科ミレニアムホールにて『第265回Open Film Conference(OFC)』が開催されました。

当日は、特別講演として、広島大学大学院 放射線診断学 助教 中村優子先生にお越しいただき、お話しを伺いました。中村先生ありがとうございました。

このページのトップへ

第32回臨床画像診断懇話会が開催されました。 <2013.11.22>

お知らせ

去る、11月19日群馬大学医学部臨床中講堂において『第32回臨床画像診断懇話会』が開催されました。

特別講演として、群馬大学大学院医学系研究科 顎口腔外科 教授 横尾聡先生また日本歯科大学新潟生命歯学部 歯科放射線学講座 土持眞先生のお話しをお聞きしました。ありがとうございました。

このページのトップへ

受賞の一報…   <2013.11.21>

お知らせ

日本医学英語教育学会より[植村研一賞]に高橋綾子先生が決定した、と連絡が入りました。

この賞は、今夏に開催された日本医学英語教育学会学術集会において一般演題の中で、学術的内容と発表技術の両面で総合的に最も優れた発表を行った演者に対して贈られる賞です。尚、授賞式は次回の学術集会において行われますので、改めてご報告させて頂きます。

このページのトップへ

論文がリリースされました。 <2013.11.7>

お知らせ

Nakajima T, Turkbey B, Sano K, Sato K, Bernardo M, Hoyt RF, Choyke PL, Kobayashi H: MR lymphangiography with intradermal gadofosveset and human serum albumin in mice and primates. J Magn Reson Imaging.2013 Oct 10. doi: 10.1002/jmri.24395.

Nakajima T, Sano K, Choyke PL, Kobayashi H: Improving the efficacy of Photoimmunotherapy (PIT) using a cocktail of antibody conjugates in a multiple antigen tumor model. Theranostics. 2013 Apr 23;3(6):357-65

Iso T, Maeda K, Hanaoka H, Suga T, Goto K, Syamsunarno MR, Hishiki T, Nagahata Y, Matsui H, Arai M, Yamaguchi A, Abumrad NA, Sano M, Suematsu M, Endo K, Hotamisligil GS, Kurabayashi M: Capillary endothelial Fatty Acid binding proteins 4 and 5 play a critical role in Fatty Acid uptake in heart and skeletal muscle. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2013 Nov; 33(11): 2549-57

このページのトップへ

第53回日本核医学会学術総会にて発表。  <2013.11.5>

お知らせ

11月8日‐10日、福岡国際会議場にて開催される、第53回日本核医学会学術総会にて下記の先生方が発表。

山口藍子,飯田靖彦,藤澤豊,稲本沙季,趙松吉,鈴江一友,富永英之,樋口徹也,久枝一,久下裕司,対馬義人:腫瘍と肉芽腫の鑑別診断におけるDynamic[18F]-Fluoro-L-α-methyltyrosine(18F-FAMT)-PETの有用性.(ポスター)

熊坂創真,有坂有紀子,徳江梓,菅原茂耕,岡内研三,樋口徹也,対馬義人:18F-FDG-PET/CTにて高集積を呈した多発肝血管筋脂肪腫の一例.(ポスター)

菅原茂耕,樋口徹也,有坂有紀子,徳江梓,岡内研三,金舞,森田元穂,対馬義人:褐色細胞腫における18F-fluorodeoxyglucoseの集積とMIB-1 indexによる増殖能との関連について.(口演)

金舞, 樋口徹也, 有坂有紀子, 徳江梓, 菅原茂耕, 宮崎英隆, 根岸明秀, 横尾聡, 対馬義人:下顎歯肉扁平上皮癌の顎骨浸潤検出におけるFAMT-PET/CTの臨床的意義: FDG‐PET/CTとMRIとの比較..(口演)

小山恵子, 小平明果, 徳江梓, 有坂有紀子, 樋口徹也, 外山卓二, 星崎洋, 大島茂, 対馬義人: 心サルコイドーシス症例の最長6年間の18F-FDG PET所見の経過..(ポスター)

佐野宏和, 外山卓二, 中原健裕, 樋口徹也, 池田将樹, 対馬義人, 倉林正彦: レビー小体型認知症(レビー症),パーキンソン病(P病)における心臓交感神経活性の役割と限界..(ポスター)

このページのトップへ