インドネシアのワークショップ                                      「Anatomical approach in Nuclear Oncology」にて<2018.2.27>

お知らせ

2018年2月23日-24日、インドネシア核医学会主催のワークショップ「Anatomical approach in Nuclear Oncology」に中島崇仁先生、熊坂創真先生が講師として招聘され、ジャカルタのMRCCC病院で画像診断の講義をして来ました。





 

このページのトップへ

IVR学会優秀論文賞受賞のお知らせ<2018.2.26>

お知らせ

宮崎将也先生の論文が、日本インターベンショナルラジオロジー学会第17回優秀論文賞に選ばれました。
表彰式は、日本IVR学会総会(5月開催)にて行われる予定です。

PhaseI/II Multi-Institutional Study of Percutaneous Radiofrequency Ablation for Painful Osteoid Osteoma(JIVROSG-0704)
Cardiovascular Interventional Radiology 39: 1464-1470, 2016

このページのトップへ