ALL ARTICLES


30th Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine               金舞先生が発表しました。<2017.10.23>

お知らせ

学会名
European Association of Nuclear Medicine2017 2017年10月20−23日 Vienna, Austria

演題1[口頭]
Mai Kim, Irena Saarinen, Anna Kuisma, Ivan Jambor, Jukka Kemppainen, Olli Eskola, Esa Kahkonen, Anna-Riina Koskenniemi, Pekka Taimen, and Heikki Minn
Correlation Between Uptake of 18F-1-amino-3-fluorocyclobutane-1-carboxylic acid (18F-fluciclovine) and Expression of Amino Acid Transporters ASCT2 and LAT1 in prostate cancer[口演]

演題2[示説]
Mai Kim, Tamiko Ishizu, Sarita Forsback, Olli Eskola, Eveliina Arponen,Johanna Tuomela, Heikki Minn, Tove Gronroos
Impact of Hypoxia on the Expression of Amino Acid Transporters and the[示説]

このページのトップへ

10/5-8,横浜で開催された第57回日本核医学会<2017.10.10>

お知らせ

~・~・~・~・ 発表した方とタイトル ・~・~・~・~
徳江梓先生
「IgG4関連疾患における18F-FAMT PET/CTの検討:18F-FDG PET/CTとの比較」

Ryan Yudistiroさん
「Bevacizumab radioimmunotherapy(RIT) in triple-negative breast cancer (TNBC) xenograft.」

Xieyi Zhangさん
「Can 18F-FDG-PET predict 131I therapeutic responce in metastaic differentiated thyroid carcinoma?」

このページのトップへ

第18回群馬県CT・MRI研究会が開催されました。<2017.10.2>

お知らせ

◇日時: 平成29年9月30日(土) 15:00-18:00
◇場所: 群馬大学医学部 基礎中講堂1階

【セッション1】 須藤高行先生(座長)
◯発表者: 入内島明子先生 「群馬県CT撮影線量調査(GRad Study)2017年度報告」
◯発表者: 林則夫先生 「深層学習技術を用いた医療画像の画質判別手法: シュミレーションによる検討」

【セッション2】 高橋綾子先生(座長)
◯発表者: 茂木俊一先生 「城西クリニックにおけるDWIBSの現状と課題」
◯発表者: Miski Aghnia Khairinisa先生 「The effect of perinatal gadolunium based contrast agents (GBCAs) injection on adult mice behavior」

【セッション3】 <教育講演> 森田英夫先生「当院で経験したECMO症例の画像所見」

【セッション4】 <特別講演> 八神俊明先生「救急画像診断の光と影(日常臨床での取り組み)」

このページのトップへ

« 古い記事 新しい記事 »