研究業績



研究業績-2013年

【著書】

対馬義人、樋口徹也、武井宏行、天沼 誠 「臨床病態学〜総論」 ヌーベルヒロカワ発行

【編集】

対馬義人 「映像情報 Medical 8月号」 産業開発機構株式会社発行

【英文業績】

Goto K, Iso T, Hanaoka H, Yamaguchi A, Suga T, Hattori A, Irie Y, Shinagawa Y, Matsui H, Syamsunarno MR, Matsui M, Haque A, Arai M, Kunimoto F, Yokoyama T, Endo K, Gonzalez FJ, Kurabayashi M: Peroxisome proliferator-activated receptor-γ in capillary endothelia promotes fatty acid uptake by heart during long-term fasting. J Am Heart Assoc Jan18;2(1):e004861,2013.

Tokue H, Taketomi-Takahashi A, Tokue A, Tsushima Y: Incidental discovery of circle contact lens by MRI: you can't scan my poker face, circle contact lens as a potential MRI hazard. BMC Med Imaging 10.1186/1471-2342-13-11,2013.

Kim M, Higuchi T, Arisaka Y, Achmad A, Tokue A, Tominaga H, Miyashita G, Miyazaki H, Negishi A, Yokoo S, Tsushima Y: Clinical significance of (18)F-α-methyl tyrosine PET/CT for the detection of bone marrow invasion in patients with oral squamous cell carcinoma: comparison with (18)F-FDG PET/CT and MRI. Ann Nucl Med 27:423-430,2013.

Nakano S, Gibo J, Fukushima Y, Kaira K, Sunaga N, Taketomi-Takahashi A, Tsushima Y, Mori M: Perfusion Evaluation of Lung Cancer: Assessment Using Dual-input Perfusion Computed Tomography. J Thorac Imaging Jan 31,2013.

Ohshima Y, Hanaoka H, Tominaga H, Kanai Y, Kaira K, Yamaguchi A, Nagamori S, Oriuchi N,Tsushima Y, Endo K, Ishioka NS: Biological evaluation of 3-[(18)F]fluoro-α-methyl-D-tyrosine (D-[(18)F]FAMT) as a novel amino acid tracer for positron emission tomography. Ann Nucl Med 27(4):314-24,2013.

Tokue H, Tokue A, Okauchi K, Tsushima Y: 2-[18F]fluoro-2-deoxy-D-glucose (FDG) positron-emission tomography (PET) findings of chronic expanding intrapericardial hematoma: a potential interpretive pitfall that mimics a malignant tumor. J Cardiothorac Surg Jan 17;8:13,2013.

Nobusawa A, Kim M, Kaira K, Miyashita G, Negishi A, Oriuchi N, Higuchi T, Tsushima Y, Kanai Y, Yokoo S, Oyama T: Diagnostic usefulness of transporter 1 (LAT1) expression in oral squamous cell carcinoma18F-FAMT PET and L-type amino acid. Eur J Nucl Med Mol I 40:1692-1700, 2013

Morita M, Higuchi T, Achmad A, Tokue A, Arisaka Y, Tsushima Y: Complementary roles of tumor specific PET tracer 18F-FAMT to 18F-FDG PET/CT for the assessment of bone metastasis. Eur J Nucl Med Mol Imaging 40(11): 1672-81 Oct, 2013

Achmad A, Taketomi-Takahashi A, Tsushima Y: Current developments and clinical applications of bubble technology in Japan: a report from 85th Annual Scientific Meeting of The Japan Society of Ultrasonic in Medicine, Tokyo, 25-27 May, 2012. Med Ultrason. 2013 Jun; 15(2):140-6

Miyazaki M, Shibuya K, Tokue H, Tsushima Y: Percutaneous transhepatic biliary drainage assisted by real-time virtual sonography: a retrospective study. BMC Gastroenterology 13:127, 2013.

Nakajima T, Turkbey B, Sano K, Sato K, Bernardo M, Hoyt RF, Choyke PL, Kobayashi H: MR lymphangiography with intradermal gadofosveset and human serum albumin in mice and primates. J Magn Reson Imaging. 2013 Oct 10. doi: 10.1002/jmri.24395.

Nakajima T, Sano K, Choyke PL, Kobayashi H: Improving the efficacy of Photoimmunotherapy (PIT) using a cocktail of antibody conjugates in a multiple antigen tumor model. Theranostics. 2013 Apr 23;3(6):357-65

Iso T, Maeda K, Hanaoka H, Suga T, Goto K, Syamsunarno MR, Hishiki T, Nagahata Y, Matsui H, Arai M, Yamaguchi A, Abumrad NA, Sano M, Suematsu M, Endo K, Hotamisligil GS, Kurabayashi M: Capillary endothelial Fatty Acid binding proteins 4 and 5 play a critical role in Fatty Acid uptake in heart and skeletal muscle. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2013 Nov; 33(11): 2549-57

Mas Rizky A. A Syamsunarno, Iso T, Hanaoka H, Yamaguchi A, Obokata M, Koitabashi N, Goto K, Hishiki T, NagahataY, Matsui H, Sano M, Kobayashi M, Kikuchi O, Sasaki T,Maeda K, Murakami M, Kitamura T, Suematsu M, Tsushima Y, Endo K, Go¨khan S. Hotamisligil, Kurabayashi M: A Critical Role of Fatty Acid Binding Protein 4 and 5 (FABP4/5) in the Systemic Response to Fasting. PLOS ONE Nov 14,2013

Sano K, Nakajima T, Choyke PL, Kobayashi H: Markedly enhanced permeability and retention effects induced by photo-immunotherapy of tumors. ACS Nano 22; 7(1): 717-24, 2013 Jan

Sano K, Nakajima T, Ali T, Bartlett DW, Wu AM, Kim I, Paik CH, Choyke PL, Kobayashi H: Activatable fluorescent cys-diabody conjugated with indocyanine green derivative: consideration of fluorescent catabolite kinetics on molecular imaging. J Biomed Opt; 18(10):101304, 2013

Sano K, Nakajima T, Miyazaki K, Ohuchi Y, Ikegami T, Choyke PL, Kobayashi H: Short PEG-linkers improve the performance of targeted, activatable monoclonal antibody-indocyanine green optical imaging probes. Bioconjug Chem 15; 24(5): 811-6, 2013 May

Sano K, Mitsunaga M, Nakajima T, Choyke PL, Kobayashi H: Acute cytotoxic effects of photoimmunotherapy assessed by 18F-FDG PET. J Nucl Med 54(5): 770-5, 2013 May

Katsumata N, Aoki J, Tashiro M, Taketomi-Takahashi A, Tsushima Y: Characteristics of cervical computed tomography findings in kawasaki disease: a single-center experience. J Comput Assist Tomogr. 37(5):681-5, 2013 Sep

Sano K, Nakajima T, Choyke PL, Kobayashi H.: The effect of photoimmunotherapy (PIT) followed by liposomal daunorubicin in a mixed tumor model: A demonstration of the super enhanced permeability and retention (SUPR) effect after PIT. Mol Cancer Ther 2013 ,Dec 19. [Epub ahead of print]

Kaira K., Sunose Y, Ohshima Y., Ishioka S, Arakawa K, Ogawa T, Sunaga N, Shimizu K., Tominaga H, Oriuchi N, Itoh H, Nagamori S, Kanai Y, Yamaguchi A, Segawa A, Ide M, Mori M, Oyama T, Takeyoshi I: Clinical significance of L-type Amino Acid Transporter 1 Expression as a Prognostic marker and Potential of New Targeting Therapy in Biliary Tract Cancer. BMC Cancer, 13: 482, 2013

このページのトップへ

【和文業績】

小池則匡,高橋徹,茂原淳,竹吉泉,渋谷圭,対馬義人: 大動脈瘤に対する当院における低侵襲血管内治療(2)-胸部大動脈瘤に対する初期治療症例の成績-. 群馬県医師会報 5月号 No.778, 2013

対馬義人: 造影剤の安全性についてのガイドラインの現状と最近の知見. 映像情報 Medical 8月号 Vol.45 No,9

対馬義人: ガドリウム造影剤と腎機能障害-NSF発症を防ぐために-. 映像情報 Medical 8月号 Vol.45 No,9

神宮晶子: 造影剤の即時性副作用-危険因子と予防策-. 映像情報 Medical 8月号 Vol.45 No,9

宮崎将也: 腎がん治療から始まる日本の凍結治療、躍進の兆し. ガスメディキーナ Vol.18

このページのトップへ

【学会・研究会発表】

金舞, 樋口徹也, 有坂有紀子, 徳江梓, 宮下剛, 宮崎英隆, 横尾聡, 対馬義人: 舌癌術後転移の検出にFAMT-PET/CTが有用であった一例. 第78回日本核医学会 関東甲信地方会 1.26, 東京

樋口徹也: 口腔腫瘍のPET/CT診断. 第78回日本核医学会 関東甲信地方会 1.26, 東京

小山恵子, 樋口徹也, 対馬義人: 心サルコイドーシス(FDG)〜PET検査を有効に活用するために〜. 第38回New Town Conference 2013.2.16, 神戸.

山口 藍子,解 良 恭一,富永 英之,大島 康宏,石岡 典子,織内 昇, 金井 好亮,対馬 義人:L型 ア ミノ酸 トランスポータータイプ 1阻害による膵臓癌の抗腫瘍効果. 日本薬学会第133年会 3.27-30, 横浜

金 舞, 有坂有紀子, 徳江 梓, 菅原茂耕, 横尾 聡, 樋口徹也, 対馬義人:18F-FAMT-PETにて悪性転化が診断可能であったエナメル上皮腫の一例. 第50回腫瘍・免疫核医学研究会 4.27,東京

徳江浩之,宮崎将也,小山佳成,平澤聡,堀底枝里,渋谷圭,島田健裕,徳江梓,中野祥子,対馬義人: Theory, practice and complications of the percutaneous transhepatic portal vein embolization. 第72回日本医学放射線学会総会 4.11, 横浜

宮崎将也, 対馬義人 : Percutaneous Radiofrequency Ablation for Osteoid Osteoma-Tips and Tricks-. 第72回日本医学放射線学会総会 4.11, 横浜

中野祥子, 儀保順子, 福島康宏, 高橋綾子, 対馬義人 : Perfusion evaluation of lung cancer: assessment by using dual-input perfusion CT. 第72回日本医学放射線学会総会 4.13, 横浜

神宮晶子, 福田淳也, 高橋綾子, 対馬義人 : Effect of Medrol premedication for patients with a history of prior adverse reaction of contrast media or bronchial asthma. 第72回日本医学放射線学会総会 4.13, 横浜

金舞, 樋口徹也, 有坂有紀子, 徳江梓, 森田元穂, 横尾聡, 宮崎英隆, 対馬義人 : Clinical significance of 18F-alpha-methyl tyrosine (FAMT)PET for evaluation of resection area in patients with oral squamous cell carcinoma. 第72回日本医学放射線学会総会 4.13, 横浜

徳江梓, 有坂有紀子, 樋口徹也, 金舞, 森田元穂, 堀底枝里, 平澤裕美, 徳江浩之, 対馬義人 : Computer-aided diagnosis system for bone scans BONENAVI needs the second reading of the radiologist?(Besoin de personne). 第72回日本医学放射線学会総会 4.13, 横浜

堀底枝里, 対馬義人, 平澤聡, 粟田さち子 : Quantitative analysis of brain swelling after cardiopulmonary reasuscitation on computed tomography. 第72回日本医学放射線学会総会 4.13, 横浜

粟田さち子, 平澤聡, 小林進, 島田健裕, 徳江浩之, 村上徹,高橋綾子, 依藤宏,対馬義人 : Findings of Gastrographin-enhanced postmortem CT. 第72回日本医学放射線学会総会 4.13, 横浜

宮崎将也, 徳江浩之, 渋谷圭, 堀底枝里, 平澤聡, 小山佳成, 対馬義人 : 類骨骨腫に対する経皮的ラジオ波凝固療法のQOL評価に関する初期検討. 第42回日本IVR学会総会 5.16, 長野

松田吉裕, 宮崎将也, 徳江浩之, 渋谷圭, 堀底枝里, 平澤聡, 小山佳成, 青木純, 対馬義人 : 類骨骨腫に対するラジオ波焼灼術(RFA)時の経皮的穿刺に伴う心拍数及び血圧上昇に関する検討. 第42回日本IVR学会総会 5.16, 長野

徳江浩之, 小山佳成, 平澤聡, 宮崎将也, 渋谷圭, 堀底枝里, 島田健裕, 徳江梓, 中野祥子, 守屋真吾, 朝永博康, 松田吉裕, 対馬義人 : NBCA-Lipiodol で塞栓された動脈の経時的画像変化の検討. 第42回日本IVR学会総会 5.16, 長野

渋谷圭, 久保田潤, 森田英夫, 宮崎将也, 徳江浩之, 平澤聡, 小山佳成, 対馬義人 : 膵胆道手術後の大量出血に対する肝動脈塞栓術は安全に施行可能か? 〜肝合併症の危険因子の解析〜. 第42回日本IVR学会総会 5.16, 長野

金舞,樋口徹也,有坂有紀子,宮崎英隆,根岸明秀,対馬義人,横尾聡:上下顎歯肉扁平上皮癌の顎骨浸潤検出におけるFAMT-PET/CTの臨床的意義;FDG-PET/CTとMRIとの比較. 第67回NPO法人日本口腔科学会学術集会 5.22-24,栃木

菅原茂耕: マイクロバルーン閉塞下肝動脈化学塞栓療法(B-TACE)の初期経験. 第262回Open Film Conference 5.23, 群馬大学

大竹毅, 嶋田博孝, 品川博史, 小川奈緒美, 板橋佑典, 須藤高行: 半自動ROI設定ソフトsmartMIBGを用いた心臓/縦隔比における標準化の検討. 第55回群馬県核医学研究会 6.1, 群馬

菅原茂耕, 樋口徹也, 有坂有紀子, 徳江梓, 金舞, 対馬義人: 肺病変におけるFANTダイナミック撮影による良悪性診断の可能性. 第55回群馬県核医学研究会 6.1, 群馬

富澤彩智, 中山晃枝, 前原康延, 新井一輝, 樋口徹也 : 副甲状腺腫の局在診断におけるSPECT−CTの有用性. 第55回群馬県核医学研究会 6.1, 群馬

登坂雅彦, 堀口桂志, 菅原健一, 田中志岳, 好本裕平, 柴崎尚, 樋口徹也, 有坂有紀子, 徳江梓 : 下垂体, トルコ鞍近傍病変のFDG−PET. 第55回群馬県核医学研究会 6.1, 群馬

Hirofumi Hanaoka, Shigeki Watanabe, Yasuhiro Ohshima, Yurika Suzuki, Aiko Yamaguchi, Tomoya Uehara, Noriko Ishioka, Yoshito Tsushima, Keigo Endo, Yasushi Arano: Development of 76Br-labeled α-methyl L-phenylalanine for imaging tumors. SNMMI 2013 annual meeting 6.8-12, Vancouver BC Canada

岸本幸治, 原口崇, 清水健志, 山口藍子, 吉原利忠, 大島紀安, 立井一明, 飛田成史, 飯田靖彦, 対馬義人, 和泉孝志 : Gタンパク質共役型受容体、G2Aはヒトアストロサイトーマ細胞株のがん幹細胞性を制御する. 生化学会関東支部会 6.15, 山梨

樋口 徹也: BSIは乳癌骨転移治療効果判定の新たな画像バイオマーカーとなり得るか? 第21回日本乳癌学会学術総会 6.27, 静岡

小山恵子, 小平明果, 外山卓二, 星崎洋, 大島茂 ,樋口徹也, 対馬義人: 絶食プロトコールと低糖食プロトコールの18F-FDG PET 検査を実施した心サルコイドーシス症例. 第77回日本心臓血管放射線研究会 7.6, 東京

渡邊義也, 宮崎将也, 熊坂創真, 菅原茂耕, 徳江浩之, 渋谷圭, 堀底枝里, 平澤聡, 小山佳成, 対馬義人 : 大量吐血で発症した大動脈腸管瘻に対し、NBCAによる一時塞栓に成功した一例. 第8回日本IVR学会関東地方会 7.13, 東京

熊坂創真, 宮崎将也, 菅原茂耕, 渡邊義也, 徳江浩之, 渋谷圭, 堀底枝里, 平澤聡, 小山佳成, 対馬義人 : 逸脱したマイクロコイルをデタッチャブルコイルに内包して安定化させることに成功した1例. 第8回日本IVR学会関東地方会 7.13, 東京

菅原茂耕, 宮崎将也, 熊坂創真, 渡邊義也, 徳江浩之, 渋谷圭, 堀底枝里, 平澤聡, 小山佳成, 対馬義人 : バルーン閉塞による腫瘍内血行動態の変化をCT angiography によって良好に描出できたB-TACE の一例. 第8回日本IVR学会関東地方会 7.13, 東京

渡邊義也: 大量吐血で発症した大動脈腸管瘻に対し、NBCA による一時塞栓に成功した一例. 第263回Open Film Conference 7.25,群馬大学

熊坂創真, 宮崎将也, 徳江浩之, 渋谷圭, 堀底枝里, 平澤聡, 小山佳成, 対馬義人: 類骨骨腫に対する経皮的ラジオ波凝固療法のQOL評価と費用対効果に関する初期検討. 第14回RFA研究会 8.3, 北海道

金舞, 樋口徹也, 有坂有紀子, 宮崎英隆, 根岸明秀, 横尾聡, 対馬義人: 口腔腫瘍におけるFAMT-PET/CTの早期画像の有用性について. PETサマーセミナー2013in加賀百万石 8.23-25, 石川

菅原茂耕, 有坂有紀子, 徳江梓, 金舞, 樋口徹也, 対馬義人: 褐色細胞腫におけるFDGの集積とMIBG-1indexによる増殖能との関連について. PETサマーセミナー2013in加賀百万石 8.23-25, 石川

Nakahara T, Toyama T, Saito Y, Yamada M, Higuchi T, Jinzaki M, Arai M, Tsushima Y, Kuribayashi S, Kurabayashi M : Objective methods for the diagnosis of myocardial ischemia using computed tomographic iodine images: comparison with 99mTc-stress perfusion SPECT. European Society of cardiology (ESC) Congress 2013, Amsterdam, Netherlands

Nakahara T, Toyama T, Jinzaki M, Seki R, Saito Y, Higuchi T, Yamada M, Arai M, Tsushima Y, Kuribayashi S, Kurabayashi M: Objective analysis of myocardial ischemia using iodine image of dual-energy computed tomography: comparison with 99mTc-stress perfusion SPECT. American Heart Association (AHA) Scientific Session 2013, Dallas, USA

Nakahara T, Kawai-Kowase K, Nakahara R, Utsugi T, Iso T, Arai M, Tomono S, Tsushima Y, Murakami M, Kurabayashi M: Association between serum Fabp4 levels, pericardial adipose tissue volume and plaque characteristics in patients with type 2 diabetes mellitus. American Heart Association (AHA) Scientific Session 2013, Dallas, USA

Nakahara T, et al. : Obejective analysis of iodine image of DECT at rest enabled diagnosis of myocardial ischemia: comparison with 99mTc-stress perfusion SPECT. The 7th Congress of Asian Society of Cordiovascular Imaging (ASCI 2013), Beijing, China

Shibuya K, Morita H, Kurabayashi T, Tokue H, Hirasawa S, Miyazaki M, Koyama Y, Tsushima Y: Transcatheter arterial embolization for management of blunt traumatic injuries with massive hemothorax. CIRSE 2013 9.13-19, Barcerona,Spain

Takahito Nakajima, MD, PhD, Kohei Sano, PhD, Peter L Choyke, MD, Hisataka Kobayashi, MD, PhD: Improving Efficacy of Image-Guided Photoimmunotherapy(PIT) Using a Cocktail of Antibody Conjugates in a Tumor Model withMultiple Targets. WMIC Meeting2013 9.18-21, Savannah,Georgia

小山佳成: 群馬大学における肝細胞癌IVRの現状. 第22回埼玉県放射線腫瘍研究会 9.14, 埼玉

岡内研三, 中野祥子, 高橋綾子, 熊坂創真, 対馬義人, 六反田奈々, 堀口亨: 既往歴や手術、放射線療法歴の無い乳房原発の血管肉腫の2例. 第41回日本磁気共鳴医学会大会 9.19-21, 徳島

中野祥子, 岡内研三, 小林進, 平澤聡, 熊坂創真, 対馬義人: 椎体腫瘤が疑われた大動脈炎症候群の一例. 第41回日本磁気共鳴医学会大会 9.19-21, 徳島

熊坂創真, 中野祥子, 島田健裕, 岡内研三, 対馬義人: Reversed-T2WIが形態評価に有用であったLhermitte-Duclos病の一例. 第41回日本磁気共鳴医学会大会 9.19-21, 徳島

氏田浩一, 坂井義行, 浅野和也, 島崎綾子, 丹章吾, 黒澤裕司, 須藤高行, 対馬義人: 2-point-TSE-DIXON 法のアーチファクトと脂肪抑制効果の検証. 第41回日本磁気共鳴医学会大会 9.19-21, 徳島

島崎綾子, 氏田浩一, 坂井義行, 浅野和也, 丹章吾, 須藤高行, 対馬義人: BAADを用いた2機種間の検討. 第41回日本磁気共鳴医学会大会 9.19-21, 徳島

浅野和也, 氏田浩一, 坂井義行, 島崎綾子, 丹章吾, 須藤高行, 対馬義人: BAAD(Brain Anatomical Analysis using DARTEL)において均一化補償フィルタが脳萎縮率に与える影響の検討. 第41回日本磁気共鳴医学会大会 9.19-21, 徳島

茂木俊一, 島田健裕, 林則夫, 長瀬博之, 大森重宏, 対馬義人: DualIR 法を用いた脳脊髄液および白質・灰白質信号抑制画像の撮像条件最適化に関する検討. 第41回日本磁気共鳴医学会大会 9.19-21, 徳島

中原健裕, 外山卓二, 関亮太郎, 庭前野菊, 小池則匡, 斎藤勇一郎, 樋口徹也, 山田稔, 新井昌史, 陣崎雅弘, 対馬義人, 栗林幸夫, 倉林雅彦: Cardiac CTにおけるiodine imageの定量による心筋虚血の評価: Tc負荷心筋シンチとの比較. 第61回日本心臓病学会学術集会 9.20−22, 熊本

金舞, 有坂有紀子, 徳江梓, 菅原茂耕, 樋口徹也, 対馬義人: FAMT-PETによる悪性褐色細胞腫骨転移の評価:FDG-PETとの比較. 第1回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 9.28, 京都

菅原茂耕, 有坂有紀子, 徳江梓, 金舞, 樋口徹也, 対馬義人: 副腎褐色細胞腫および副腎癌におけるFDG集積と細胞増殖能との関連について. 第1回日本神経内分泌腫瘍研究会学術集会 9.28, 京都

金舞, 宮崎英隆, 根岸明秀, 横尾聡: 下顎歯肉扁平上皮癌の顎骨浸潤検出におけるFAMT-PET/CTの臨床的意義: FDG‐PET/CTとMRIとの比較. 第58回日本口腔外科学会総会学術大会 10.11-13, 福岡

宮崎将也,松田吉裕,対馬義人: 類骨骨腫に対するラジオ波焼灼術(RFA)時の経皮的穿刺に伴う心拍数及び血圧上昇に関する検討. 第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会 10.12-14, 名古屋

Yamaguchi A, Iida Y, Fujisawa Y, Inamoto S, Zhao S,Suzue K, Tominaga H, Kishimoto K, Higuchi T, Hisaeda H, Izumi T,Kuge Y, Tsushima Y: Differentiation of malignant tumors from granulomas with dynamic [18F]-Fluoro-L-α-methyltyrosine PET imaging. EANM, October19-23, Lyon, France

Kim M, Higuchi T, Achmad A, Arisaka Y, Tokue A, Sugawara S, Yokoo S, Tsushima Y: PET volume computer-assisted reading (PET VCAR) software for accurate measurement of tumor volume using 18F-FAMT PET/CT in oral cancer. EANM, October19-23, Lyon, France

小山佳成: 群馬大学病院における造影剤副作用防止の取り組み. あらためて造影剤腎症について考える〜なぜ今、造影剤腎症なのか〜 10.31, 群馬

堀口桂志, 登坂雅彦, 菅原健一, 好本裕平, 有坂有紀子, 樋口徹也, 徳江梓, 対馬義人, 柴崎尚, 解良恭一: 神経膠腫の診断に於けるFAMT-PETの有用性〜FDG-PETとの比較〜. 第56回群馬県核医学研究会 11.2, 群馬

解良恭一, 有坂有紀子, 樋口徹也, 対馬義人, 清水公裕: 肺癌での18F-FAMT-PETの予後予測における意義. 第56回群馬県核医学研究会 11.2, 群馬

中島崇仁: 蛍光イメージングの臨床応用〜蛍光イメージングはどのように臨床現場で使われるようになるのか?第56回群馬県核医学研究会 11.2, 群馬

菅原茂耕, 樋口徹也, 有坂有紀子, 徳江梓, 岡内研三, 金舞, 森田元穂, 対馬義人: 褐色細胞腫における18F-fluorodeoxyglucoseの集積とMIB-1indexによる増殖能との関連について. 第53回日本核医学会学術総会 11.8-10, 福岡

熊坂創真, 有坂有紀子, 徳江梓, 菅原茂耕, 岡内研三, 樋口徹也, 対馬義人: 18F-FDG-PET/CTにて高集積を呈した多発肝血管筋脂肪腫の一例. 第53回日本核医学会学術総会 11.8-10, 福岡

山口藍子, 飯田靖彦, 藤澤豊, 稲本沙季, 趙松吉, 鈴江一友, 富永英之, 樋口徹也, 久枝一, 久下裕司, 対馬義人: 腫瘍と肉芽腫の鑑別診断におけるDynamic[18F]-Fluoro-L-α-methyltyrosine(18F-FAMT)-PETの有用性. 第53回日本核医学会学術総会 11.8-10, 福岡

佐野宏和, 外山卓二, 中原健裕, 樋口徹也, 池田将樹, 対馬義人, 倉林正彦: レビー小体型認知症(レビー症),パーキンソン病(P病)における心臓交感神経活性の役割と限界. 第53回日本核医学会学術総会 11.8-10, 福岡

小山恵子, 小平明果, 徳江梓, 有坂有紀子, 樋口徹也, 外山卓二, 星崎洋, 大島茂, 対馬義人: 心サルコイドーシス症例の最長6年間の18F-FDG PET所見の経過. 第53回日本核医学会学術総会 11.8-10, 福岡

金舞, 樋口徹也, 有坂有紀子, 徳江梓, 菅原茂耕, 宮崎英隆, 根岸明秀, 横尾聡, 対馬義人: 下顎歯肉扁平上皮癌の顎骨浸潤検出におけるFAMT-PET/CTの臨床的意義: FDG‐PET/CTとMRIとの比較. 第53回日本核医学会学術総会 11.8-10, 福岡

中原健裕, 外山卓二, 陣崎雅弘, 関亮太郎, 庭前野菊, 斎藤勇一郎, 樋口徹也, 新井昌史, 対馬義人, 栗林幸夫, 倉林雅彦: Iodine imageの定量評価による心筋perfusion−心筋シンチとの比較−. 第53回日本核医学会学術総会 11.8−10, 福岡

中原健裕, 外山卓二, 陣崎雅弘, 関亮太郎, 斉藤勇一郎, 樋口徹也, 山田稔, 新井昌史, 対馬義人, 栗林幸夫, 倉林正彦: Duai Energy CTを用いたiodine imaging の定量評価による心筋虚血の評価: Tc負荷心筋シンチとの比較. 第16回心世代核医学研究会 11.30, 東京

このページのトップへ