Inforamtion

The Past Articles

学位記伝達式、謝恩会<2016.9.26>

平成28年9月21日(水)、平成28年度群馬大学大学院医学系研究科生命医科学専攻
9月修了生学位記伝達式が行われました。
放射線診断核医学分野からはANMEG2期生のGu Wenchaoさんが卒業しました。
おめでとうございます。

%e5%86%99%e7%9c%9f

このページのトップへ

日獨医報Vol.61No.1に掲載されています。<2016.9.21>

対馬義人:「ガドリウム造影剤の安全性」
福島康宏:「CT被ばく線量管理の現状と将来展望」

%e6%97%a5%e7%8d%a8%e5%8c%bb%e5%a0%b1_%e7%ac%ac61%e7%ac%ac1%e5%8f%b7

このページのトップへ

Progress in Radiology 2016にて発表しました。<2016.9.20>

Progress in Radiology 2016
11th symposium of the Japanese Scandinavian Radiological Society
%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%8a%e3%83%93%e3%82%a2%e5%ad%a6%e4%bc%9a
写真はBanquet(Norway Embassy)にて

9月16-17日に行われた上記の学会で当科の先生方と、ANMEG生達が発表しました。

樋口徹也:Retrospective evaluation of the utility of thyroglobulin doubling time in the diagnosis of radioactive-io-dine-refractory differentiated thyroid cancer; initial experience from 6 patients treated with Lenvatinib.

金舞:Effect of hypoxia on transport amino acids in cancer: in vivo and vitro studies at Turku PET Center.

Nguyen Thu Huong: Evaluation of diffusion weighted MR Imaging and 18F-FDG PET for monitoring triple negative breast cancer response to Cisplatin treatment.

Dan An Binh: Non-invasive quantitative evaluation of cerebral blood flow (CBF) using technetium labeled ethyl cysteinate dimer (99mTc-ECD): performance of aorta’s region of interest (ROI).

Anu Battarai: An introduction of positron emission tomography-based monitoring methods for verification of carbon ion therapy.

Oyunbold Lamid-Ochir: Early predicition of therapeutic effect of cyroablation using bioluminescence imaging.

A.Adhipatria P.Kartamihardja: Neuronal analysis of hippocampal primary culture after gadolinium-based contrast agent exposure.

Erdene Khongorzul: Transplacental gadolinium deposition to pup mice and the effect of their pregnancy for mothers after administration of gadolinium based.

Zhang Xieyi: Detection of EGFR Positive Lung Squamous Cell Carcinoma by Dynamic Fluorescence Imaging.

関優子: Radiation exposure to interventional radiologists during CT fluoroscopy-guided percutaneous cryoablation.

入内島明子: Evaluation of organ dose estimation from indexes of CT dose using Monte Carlo simulation.

福島康宏: Contrast-induced nephropathy(CIN) of patients with renal dysfunction in CT examination.

茂木俊一: Double Inversion Recovery (DIR) Image for the Brain: Deriving the Most Relevant Sequence using Signal Intensity Measurements.

このページのトップへ

学位記伝達式のお知らせ<2016.9.14>

平成28年度群馬大学大学院医学系研究科生命医科学専攻
9月修了生学位記伝達式が、下記の通り行われます。

*日 時 : 平成28年9月21日(水)15時00分〜
*場 所 : 特別会議室

ANMEGプログラム2期生のGuさん、Miskiさん、Windaさんが修了予定です。
***************************************************************
修了式後には、謝恩会が催されますので ご都合の付く方はご出席下さい。
*会 場 : 石井ホール
*時 間 : 18時00分〜
***************************************************************

このページのトップへ

第283回Open Film Conferenceが開催されました。<2016.9.8>

ofc
次回(第284回OFC)の開催は、平成28年11月24日(木)の予定です。

このページのトップへ

I-131MIBG先進医療スタートアップ会議についてのお知らせ<2016.9.6>

◇ 日時:平成28年9月12日(月) 16時から
◇ 会場:臨床研究棟A 1階 小会議室

このページのトップへ

論文が出版されました。<2016.8.31>

Shibuya K, Koyama Y, Tsushima Y: Accordion phenomenon of the hepatic artery: mimicker of vasospasm or intimal injury. Acta Radiol Open. 2016 Aug 10;5(8):2058460116651900.

このページのトップへ

論文が掲載されました。<2016.8.30>

Ariyani W, Iwasaki T, Miyazaki W, Khongorzul E, Nakajima T, Kameo S, Koyama H, Tsushima Y, Koibuchi N: Effects of Gadolinium-Based Contrast Agents on Thyroid Hormone Receptor Action and Thyroid Hormone-Induced Cerebellar Purkinje Cell Morphogenesis. Frontiers in Endorinology 2016 August Article 115

このページのトップへ

第283回Open Film Conferenceのお知らせ<8.29>

次回のOFCの予定をお知らせします。

◇日時: 平成28年9月8日(木) 19:00〜20:20
◇会場: 群馬大学医学部臨床中講堂
◇座長: 対馬義人 教授
◇演者: 小平明果 先生
——————-特別講演——————-
【PET/MRIの臨床と脳研究への応用】
福島県立医科大学 放射線医学講座・先端臨床研究センター
伊藤浩 教授

このページのトップへ

臨床画像の今月号に記事が掲載されています。<2016.8.4>

対馬義人教授が執筆した記事が掲載されています。
臨床画像Vol.32No.8 2016, p901-5

Current Topics
ガドリウム造影剤体内蓄積について最近の知見
1. 動物実験から見たガドリウム造影剤蓄積の最近の知見と今後について

臨床画像Vol.32No.8,2016 - コピー_ページ_1

このページのトップへ

>> 記事一覧を見る