Inforamtion

The Past Articles

論文が受理されました。<2017.8.9>

◇タイトル: Metabolic activity by 18 F-FDG- PET/CT is predictive for early response after nivolumab in previously treated NSCLC.
◇著者: Kyoichi Kaira, Tetsuya Higuchi, Ichiro Naruse , Yukiko Arisaka, Azusa Tokue, Bolag Altan, Satoshi Suda, Akira Mogi, Kimihiro Shimizu, Noriaki Sunaga, Takeshi Hisada, Shigehisa Kitano, Hideru Obinata, Takehiko Yokobori , Keita Mori , Masahiko Nishiyama, Yoshihito Tsushima and Takayuki Asao
European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging
詳細については、後日研究業績ページにアップ致します。

このページのトップへ

第18回DIR meetingを行いました。<2017.8.7>

平成29年8月4日(金)、共用セミナー室にて第18回DIRmeetingを行いました。

このページのトップへ

第6回YGカンファレンスが高崎で開催されました。<2017.8.7>

Yokohama&Gunma Conference

【日時】 平成29年8月5日(土) 16:00-18:50
【場所】 ホテルメトロポリタン高崎
座長 群馬大学 放射線診断核医学 対馬義人, 樋口徹也
演者 群馬大学 大学院医学系研究科 放射線診断核医学 熊坂創真
「18F-FAMT PET による肺癌予後予測の検討」
群馬大学 大学院医学系研究科 応用生理学 Miski Aghnia Kharinisa
「The effect of perinatal gadolinium based contrast agents(GBCAs) ingection on adult mice behavior.」

このページのトップへ

特別研究員−PRD研究交流会にて<2017.8.3>

特別研究員の金舞先生が、研究交流会にて発表を行いました。

<平成29年度特別研究員−PRD研究交流会>
*題名:口腔癌の集学的治療に対する代謝PETイメージングの検討
*場所:明治記念館、東京
*日時:平成29年7月31日

この交流会は、出産・育児により現場を離れた研究者の現場復帰を支援する交流会で、毎年秋篠宮紀子さまがご出席されております。

映像をこちらよりご覧頂けます。

このページのトップへ

公開学位審査のお知らせ<2017.7.31>

ANMEG1期生達の公開学位審査の日程が決まりました。

Duong Duc Binhさん    *日時:8月21日(月)17時〜 *場所:医学部小会議室
Erdene Khongorzulさん  *日時:8月23日(水)17時〜*場所:医学部特別会議室
Yusri Dwi Heryantoさん  *日時:8月29日(火)14時〜 *場所:医学部特別会議室

このページのトップへ

Annals of Nuclear Medicineにオンライン掲載されました。<2017.7.27>

大学院生(博士課程4年)Yusri Dwi Heryantoさんの論文がAnnals of Nuclear Medicineという雑誌にオンライン掲載されています。

タイトル: Applying near-infrared photoimmunotherapy to B-cell lymphoma: comparative evaluation with radioimmunotherapy in tumor xenografts

著者: Yusri-Dwi Heryanto, Hirofumi Hanaoka, Takahito Nakajima, Aiko Yamaguchi, Yoshito Tsushima

こちらより論文を閲覧できます。

このページのトップへ

JJR(Japanese Journal of Radiology)にオンライン掲載されました。<2017.7.26>

大学院生(博士課程4年)Erdene Khongorzulさんの論文がJJRという雑誌にオンライン掲載されています。

タイトル: Organ retention of gadolinium in mother and pup mice: effect of pregnancy and type of gadolinium-based contrast agents

著者: Khongorzul Erdene, Takahito Nakajima, Satomi Kameo, Miski Aghnia Khairinisa, Oyunbold Lamid-Ochir, Amartuvshin Tumenjargal, Noriyuki Koibuchi, Hiroshi Koyama, Yoshito Tsushima

ちらより論文を閲覧できます。

このページのトップへ

第288回Open Film Conferenceが開催されました。<2017.7.24>

日時: 平成29年7月13日(木)19:00-20:20
会場: 群馬大学医学部 臨床中講堂

座長 群馬大学大学院医学系研究科 放射線診断核医学  
     教授 対馬義人 先生
【一般演題】
「腎癌凍結療法後に腸管損傷を生じたが保存的治療のみで軽快した1例」 
     小松由希 先生 (群馬大学医学部附属病院 核医学科)

【特別講演】
「トップアスリートの脳MRI-structureからconnectivityまで-」
     阿部修 先生  (東京大学大学院 生体物理医学専攻 放射線医学講座)

このページのトップへ

論文がアクセプトされました。<2017.7.20>

入内島さんの論文が、Radiation Protection Dosimetry という雑誌にアクセプトされました。

SIMPLE METHOD OF SIZE-SPECIFIC DOSE ESTIMATES CALCULATION FROM PATIENT WEIGHT ON COMPUTED TOMOGRAPHY.
Akiko Iriuchijima, Yasuhiro Fukushima, Takahito Nakajima, Yoshito Tsushim and Akio Ogura
Radiation Protection Dosimetry (2017), pp. 1-5

このページのトップへ

学位審査が行われました。<2017.7.14>

平成29年7月10日(月) 医学部特別会議室にて、ANMEG1期生Anu Bhattaraiさん(博士4年)の学位審査が行われました。

このページのトップへ

>> 記事一覧を見る