Inforamtion

The Past Articles

2021年12月

デフォルト画像
2021/12/01
Nuclear Medicine and Biology論文採択について

下記の論文がアクセプトされました。

タイトル: Enhancing the accumulation level of 3-[18F]fluoro-L-α-methyltyrosine in tumors by preloading probenecid
 
著者: Hirofumi Hanaoka, Ayaka Kanai, Aiko Yamaguchi, Isa Mahendra, Palangka Citra, Tetsuya Higuchi, Yoshito Tsushima, Yasuhiro Ohshima

2021年11月

2021/11/01
令和3年度医療安全週間*医療安全標語*<病院長賞>受賞しました。

10月21日(木)令和3年度医療安全週間ポスター・標語表彰式が行われ、当科の徳江浩之先生が、医療安全標語の病院長賞を受賞しました。

—– 医療安全標語 ——

<最優秀賞>

泌尿器科「事故ゼロの 安全リレーに 金メダル

<優秀賞>

救急・総合医療センター「自己流で、うまくやるより、マニュアル確認

<病院長賞>

核医学科「マスクでも 聞こえる声で 再確認

麻酔・集中治療科「「まぁいいか」、違和感放置は事故のもと

—– 医療安全ポスター —–

<最優秀賞>

歯科口腔・顎顔面外科、南7階病棟『急変時シュミレーション』

<優秀賞>

救急・総合医療センター『救急・総合医療センターにおける患者確認の取り組み』

<病院長賞>

感染症特別病棟『感染症特別病棟における取り組み』

2021年10月

デフォルト画像
2021/10/18
Journal of Biophotonics 論文採択について

下記の論文がJournal of Biophotonics にアクセプトされました。
論文:Imaging modalities for monitoring acute therapeutic effects after near-infrared photoimmunotherapy in vivo
対馬教授(co-author)

2021/10/11
令和3年度群馬大学大学院医学系研究科9月修了生【学位伝達式】

令和3年9月24日(金)、群馬大学大学院医学系研究科9月修了生の学位伝達式が執り行われ、

ANMEGプログラムの5期生4名と、修士課程の大学院生1名が卒業致しました。

おめでとうございます!

Gu Wenchao さん(放射線診断核医学)ANMEG博士課程, 出身:中国

Tran Van Bien さん(放射線診断核医学)ANMEG博士課程, 出身:ベトナム

Hritu Baral さん(皮膚科学)ANMEG博士課程, 出身:ネパール

Shreya Shreshthaさん(腎臓リウマチ内科学)ANMEG博士課程, 出身:ネパール

Afrizki Dinurfitri Wirangaraさん(放射線診断核医学)修士課程, 出身:インドネシア

2021/10/06
公開学位審査が行われました。(江原 雅之 先生)

令和3年10月4日(金)16時より、医学部小会議室にて江原 雅之先生の公開学位審査が行われました。

2021/10/06
論文が掲載されました。<日本診療放射線技師会誌 第68巻 第10号>

下記の論文が掲載されました。

尾崎 大輔, 氏田 浩一, 須藤 高行, 対馬 義人: 鎮静下小児MRI検査における途中覚醒の危険因子分析.

日本診療放射線技師会誌 第68巻 第10号 2021, 19-23

2021/10/06
論文が掲載されました。<Eur J Radiol>

下記の論文が掲載されました。

Fukushima Y, Nakamura J, Seki Y, Ando M, Miyazaki M, Tsushima Y: Patients’ radiation dose in computed tomography-fluoroscopy-guided percutaneous cryoablation for small renal tumors. Eur J Radiol. 2021;144:109972. doi:https://doi.org/10.1016/j.ejrad.2021.109972

2021/10/04
新入職スタッフの紹介です。

10月1日より核医学科に入職されました先生です。

どうぞよろしくお願い致します。

2021/10/01
北関東医学会優秀論文賞を受賞

当科の熊坂百香先生が、北関東医学会優秀論文賞を受賞しました。

本日、開催中の第68回北関東医学会総会にて、講演を行います。

2021年9月

デフォルト画像
2021/09/24
International Journal of Phytoremediation 論文採択について

下記の論文が、International Journal of Phytoremediationに採択されました。

Title: Biosorption of different gadolinium (Gd) complexes from water by Eichhornia crassipes (water hyacinth)


Authors: A. Adhipatria P. Kartamihardja, Soma Kumasaka, Lukman Hilfi, Satomi Kameo, Hiroshi Koyama, Yoshito Tsushima

デフォルト画像
2021/09/17
論文が公開されました。(脳血管内治療 2021年9月)

下記の論文が公開されました。

関 優子, 清水 立矢, 藍原 正憲, 山口 玲, 相島 薫, 好本 裕平, 安藤 雅, 須藤 高行, 対馬 義人: 大動脈弓部の形態がカテーテルアクセス時間に与える影響. 脳血管内治療 2021 9月
DOI https://doi.org/10.20626/nkc.oa.2021-0018

2021/09/09
公開学位審査についてのお知らせ

江原 雅之先生の公開学位審査の日程が決まりました。

◇日時: 令和3年10月4日(月) 16時より

◇会場: 医学部小会議室(臨床研究A棟1階)

 

2021年8月

デフォルト画像
2021/08/11
Advances in Radiation Oncology論文採択について

江原雅之先生の論文が、Advances in Radiation Oncologyに採択されました。
 
タイトル: Evaluation of Threshold Dose of Damaged Hepatic Tissue after Carbon-ion Radiotherapy Using Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI
 
著者: Masashi Ebara, Kei Shibuya, Hirofumi Shimada, Motohiro Kawashima, Hiromi Hirasawa , Ayako Taketomi-Takahashi, Tatsuya Ohno, Yoshito Tsushima

2021/08/02
公開学位審査が行われました。(Tran Van Bienさん)

令和3年7月30日(金)12時より、医学部小会議室にてTran Van Bienさんの公開学位審査が行われました。

2021/08/02
公開学位審査が行われました。(Gu Wenchaoさん)

令和3年6月23日(水)15時より、医学部特別会議室にてGu Wencaoさんの公開学位審査が行われました。

 

デフォルト画像
2021/08/02
論文採択について

留学生Gu Wenchaoさんに関する論文採択のお知らせです。

 
論文:Comprehensive analysis of the systemic transcriptomic and immunological alternations during the occurrence and progress of COVID-19
Oxidative Medicine and Cellular Longevity(impact factor 6.5)にアクセプトされました。(corresponding author)
論文:Multi-omics Analysis of Ferroptosis Regulation Patterns and Characterization of Tumor Microenvironment in Patients with Oral Squamous Cell Carcinoma
international Journal of Biological Sciences (impact factor 6.5) にアクセプトされました。(First author)

2021年7月

2021/07/21
公開学位審査についてのお知らせ

Tran Van Bienさん(大学院博士課程)の公開学位審査の日程が決まりました。

日時: 2021年7月30日(金) 12時より

会場: 医学部小会議室(臨床研究A棟1階)

デフォルト画像
2021/07/16
論文が公開されました。

下記の論文が公開されました。

Ikeda M, Okamoto K, Suzuki K, Takai E, Kasahara H, Furuta N, Furuta M, Tashiro Y, Shimizu C, Takatama S, Naito I, Sato M, Sakai Y, Takahashi M, Amari M, Takatama M, Higuchi T, Tsushima Y, Yokoo H, Kurabayashi M, Ishibashi S, Ishii K, Ikeda Y:

 
Recurrent Lobar Hemorrhages and Multiple Cortical Superficial Siderosis in a Patient of Alzheimer’s Disease With Homozygous APOE ε2 Allele Presenting Hypobetalipoproteinemia and Pathological Findings of 18F-THK5351 Positron Emission Tomography: A Case Report
 
Front. Neurol. 2021 Jul; doi.org/10.3389/fneur.2021.645625

 

デフォルト画像
2021/07/07
論文が出版されました。<Int. J. Environ. Res. Public Health>

下記の論文が出版されました。

Khairinisa M. A, Ariyani W, Tsushima Y, Koibuchi N: Effects of Gadolinium Deposits in the Cerebellum: Reviewing the Literature from in vitro Laboratory Studies to in vivo Human Investigations. Int. J. Environ. Res. Public Health 2021, 18, 7214. https://doi.org/10.3390/ijerph18147214
 
https://www.mdpi.com/1660-4601/18/14/7214/pdf

デフォルト画像
2021/07/02
IJERPH 論文採択について

下記の論文が IJERPHにアクセプトされました。

Title: Effects of Gadolinium Deposits in the Cerebellum: Reviewing the Literature from in vitro Laboratory Studies to in vivo Human Investigations
 
Authors: Miski Aghnia Khairinisa, Winda Ariyani , Yoshito Tsushima, Noriyuki Koibuchi

2021年6月

デフォルト画像
2021/06/18
Abdominal Radiology 論文採択について

下記の論文が、Abdominal Radiology にアクセプトされました。
 
Title: Effect of type 2 diabetes on Gd-EOB-DTPA uptake into liver parenchyma: replication study in human subjects
 
Authors: Soma Kumasaka, Yuko Seki, Yuka Kumasaka, Yoshito Tsushima

2021/06/09
公開学位審査についてのお知らせ

Gu Wenchaoさん(大学院博士課程)の公開学位審査の日程が決まりました。

デフォルト画像
2021/06/09
The British journal of Radiology 論文採択について

下記の論文が、Br J Radiolに採択されました。
 
Title: Whole-body magnetic resonance imaging (WB-MRI) with diffusion-weighted whole-body imaging with background body signal suppression (DWIBS) in prostate cancer: Prevalence and clinical significance of incidental findings.
 
Authors: Soma Kumasaka, Shunichi Motegi, Yuka Kumasaka, Tatsuya Nishikata, Masami Otomo, Yoshito Tsushima

2021年5月

デフォルト画像
2021/05/19
Annals of Nuclear Medicine 論文採択について

下記の論文が、Annals of Nuclear Medicineに採択されました。

Title: Texture analysis of 18F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography/computed tomography for predicting the treatment response of postoperative recurrent or metastatic oral squamous cell carcinoma treated with cetuximab.
 
Authors: Mai Kim, Wenchao Gu, Takahito Nakajima, Tetsuya Higuchi, Masaru Ogawa, Takahiro Shimizu, Takahiro Yamaguchi, Ayako Takahashi, Yoshito Tsushima, Satoshi Yokoo

2021/05/06
CyPos賞 受賞しました。

第80回日本医学放射線学会総会CyPos賞を受賞しました。

 
受賞名  Silver Medal
受賞者  対馬 義人  (関 優子, 中島 崇仁, 平澤 裕美, 高橋 綾子, 丹 章吾, 須藤 高行)
演題名  造影CTによる化学毒性急性副作用発生の年齢依存性と食止め中止指示廃止の影響

2021年4月

2021/04/23
日本医学放射線学会にて発表しました。

第80回日本医学放射線学会総会にて発表しました。

◇会期: 2021年4月15日(木)~18日(日)

◇会場:パシフィコ横浜

造影CTによる化学毒性急性副作用発生の年齢依存性と食止め中止指示廃止の影響

対馬 義人

 
糖尿病がGd-EOB-DTPA造影MRIの肝造影効果に与える影響に関する検討
副腎静脈サンプリング困難症例に関わる患者因子とその画像所見に関する検討

熊坂 創真

 
前置癒着胎盤に対する予防的大動脈バルーン閉鎖術における卵巣動脈血流の影響についての検討

徳江 浩之

 
 
 
 

デフォルト画像
2021/04/05
<New>スタッフ紹介ページを更新しました。

デフォルト画像
2021/04/05
新入職スタッフの紹介です。

4月1日より核医学科に入職されました先生方です。

どうぞよろしくお願い致します。

デフォルト画像
2021/04/02
令和3年度科学研究費助成事業_交付内定について

科研費研究助成事業に採択されました。

基盤研究(C)

研究代表者: 対馬 義人

研究課題名: 自己重合化能を有する高分子化合物を用いた腫瘍特異的な超音波造影剤の開発

 
基盤研究(C)

研究代表者: 渋谷 圭

研究課題名: 重粒子線による代償性肝肥大を利用した肝腫瘍に対する新たな集学的治療法の開発

2021年3月

デフォルト画像
2021/03/26
*新着情報*実測定値の結果を公開します。「超音波とMRIによる脂肪肝定量化についての研究」

「超音波とMRIによる脂肪肝定量化についての研究」
(群馬大学人を対象とする医学系研究倫理審査委員会HS2018-114)

□研究責任者: 高橋 綾子

□研究分担者: 対馬 義人, 平澤 裕美, 氏田 浩一, Tran Van Bien

当該研究の測定結果につきまして、実測定値の情報を追加で公開致します。

測定結果(1st scan)

測定結果(2nd repeated scan)

デフォルト画像
2021/03/24
論文アクセプトのお知らせ

下記の論文がFrontiers in Neurologyにアクセプトされました。

標題: Cerebral Microbleeds, Cerebrospinal Fluid and Neuroimaging Markers in Clinical Subtypes of Alzheimer’s Disease
 
著者: Masaki Ikeda, Hiroo Kasahara, Sayaka Kodaira, Kazuaki Nakashima, Yukiko Fujita, Kouki Makioka, Eriko Takai, Kimitoshi Hirayanagi, Natsumi Furuta, Etsuko Sanada, Ayumi Kobayashi, Shun Nagamine, Yasuo Harigaya, Noriaki Hattori, Tsuneo Yamazaki, Yuichi Tashiro, Kazuhiro Kishi, Hirotaka Shimada, Takayuki Suto, Yasujiro Sakai, Yukiko Tanaka, Yuko Aihara, Masakuni Amari, Haruyasu Yamaguchi, Koichi Okamoto, Masamitsu Takatama, Kenji Ishii, Tetsuya Higuchi, Yoshito Tsushima, Yoshio Ikeda

2021/03/03
論文が出版されました。

下記の論文が出版されました。

対馬 義人: ガドリニウム造影剤のリスクマネージメント INNERVISION (36・3)2021

61-63

2021年2月

デフォルト画像
2021/02/25
論文奨励継続研究助成に採択されました。

2020年度論文奨励継続研究助成制度に応募していた下の論文が、審査の結果採択されました。

Yoshito Tsushima, Yuko Seki, Takahito Nakajima, Hiromi Hirasawa, Ayako Taketomi-Takahashi, Shogo Tan, Takayuki Suto: The effect of abolishing instructions to fact prior to contrast –enhanced CT on the incidence of acute adverse reactions. Insights into Imaging 2020 11;113

デフォルト画像
2021/02/24
論文が公開されました。

下記の論文が公開されました。

Wenchao G, Yudistiro R, Hanoka H, Katsumata N, Tsushima Y: Potential of three-step pretargeting radioimmunotherapy using biotinylated bevacizumab and succinylated streptavidin in triple-negative breast cancer xenograft.  Ann Nucl Med https://doi.org/10.1007/s12149-021-01597-5

デフォルト画像
2021/02/19
論文が出版されました。

下記の論文が出版されました。

鑓田 和真, 中村 潤平, 新井啓祐, 関 裕子, 入内島 明子, 茂木 直, 武井 宏行, 須藤 高行, 大竹 英則, 遠藤 啓吾, 対馬 義人: 群馬県における単純X線撮影の実態調査および被ばく線量の推定. THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL 2021: 71: 9~14

 
中村 潤平, 鑓田 和真, 新井 啓祐, 関 優子, 入内島 明子, 茂木 直, 武井 宏行, 須藤 高行, 大竹 英則, 遠藤 啓吾, 対馬 義人: 群馬県民のCT検査による医療被ばく線量の推定. THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL 2021: 71:15~18

2021/02/17
論文が出版されました。

下記の論文が出版されました。

Seki Y, Miyazaki M, Suto T, Kameda T, Tsushima Y: Post-contrast Acute Kidney Injury Following Emergency Transcatheter Arterial Embolization for Uncontrollable Postpartum Hemorrhage. Angiology 2021 Feb 11; 3319721991367. doi: 10.1177/0003319721991367

デフォルト画像
2021/02/10
ロータリー米山記念奨学生に合格しました。

大学院博士課程3年、ZORIGT ODGERELさんが、ロータリー米山記念奨学金選考に合格しました。

デフォルト画像
2021/02/05
IVR専門医認定試験結果

2020年11月8日(日)に行われた第19回IVR専門医認定試験の結果、2名の先生が合格しました。

熊坂 創真 先生、 江原 雅之 先生

2021年1月

デフォルト画像
2021/01/29
論文アクセプトのお知らせ

下記の論文が、Annals of Nuclear Medicineにアクセプトされました。

標題: Potential of three-step pretargeting radioimmunotherapy using biotinylated bevacizumab and succinylated streptavidin in triple-negative breast cancer xenograft
著者: Wenchao Gu, Ryan Yudistiro, Hirofumi Hanaoka, Natsumi Katsumata, Yoshito Tsushima

>> 記事一覧を見る

このページのトップへ