Inforamtion

The Past Articles

臨床画像の今月号に記事が掲載されています。<2016.8.4>

対馬義人教授が執筆した記事が掲載されています。
臨床画像Vol.32No.8 2016, p901-5

Current Topics
ガドリウム造影剤体内蓄積について最近の知見
1. 動物実験から見たガドリウム造影剤蓄積の最近の知見と今後について

臨床画像Vol.32No.8,2016 - コピー_ページ_1

このページのトップへ

第282回OFCについて<2016.8.1>

7月28日(木)、臨床中講堂にて第282回Open Film Conferenceが開催されました。

【一般演題】

座長:肝胆膵外科分野 教授 調憲 先生

「術中同定困難な微小病変に対する肝切除ナビゲーションの試み」
肝胆膵外科学分野 助教 新木健一郎 先生

【特別講演】

座長:放射線診断核医学 教授 対馬義人 先生

「造影超音波検査の肝・乳腺腫瘍診断の実際」
東邦大学医療センター大橋病院 放射線科 教授 関口隆三 先生

このページのトップへ

BJRに掲載されます。<2016.7.27>

Achmad Adhipatria Perayabangsa Kartamihardja(大学院博士課程3年)さんの論文が受理され、BJRに掲載される予定です。
Title: Distribution and Clearance of Retained Gadolinium in the Brain: Differences Between Linear and Macrocyclic Gadolinium-Based Contrast Agents in a Mouse Model.
*詳細につきましては、後日研究業績ページにアップ致します。

このページのトップへ

食道がんに対するLAT1阻害の抗腫瘍効果について…<2016.7.27>

本学で共同研究を行っている大島康宏先生(量子科学技術研究開発機構)がまとめた論文が、Cancer Scienceに掲載される事になりました。

◇ Title: Efficacy of LAT1 inhibition as a therapeutic target in esophageal squamous cell carcinoma.
◇ Authors: Ohshima Y, Kaira K, Yamaguchi A, Oriuchi N, Tominaga H, Nagamori S, Kanai Y, Yokobori T, Miyazaki T, Asao T, Tsushima Y, Kuwano H, Ishioka N

このページのトップへ

論文がアクセプトされました。<2016.7.26>

宮崎将也先生が先進医療で行った[類骨骨腫に対するRFAの多施設共同臨床試験(下記タイトル)]の論文が本日アクセプトされました。CardioVascular and Interventional Radiology(CVIR)に掲載される予定です。
“Phase I/II Multi-institutional Study of Percutaneous Radiofrequency Ablation for Painful Osteoid Osteoma (JIVROSG-0704)”
*この治療における世界初の臨床試験となり、保険承認に向けて大きなステップになる事が期待されます。保険が承認されれば多くの患者さん(特に子供の患者さんに)に貢献できる事と思います。
尚、詳細につきましては、後日研究業績ページにアップ致します。

このページのトップへ

YGカンファレンスが横浜で開催されました。<2016.7.25>

IMG_1720-1

第5回 YGカンファレンス
日時 : 平成28年7月23日(土)16:00-18:20
場所 : ローズホテル横浜
座長 : 群馬大学 准教授 樋口徹也
演者 : 群馬大学 放射線診断核医学
ACHMAD ADHIPATRIA KARTAMIHARDJA(アハマド アディパトリア カタミハラジャ)先生
「Gadolinium retention in the brain: differences between linear and macrocyclic gadolinium based contrast agents in a mouse model」
朝永博康 先生 「骨シンチグラフィにCAD解析におけるバージョン別、領域別の特徴と評価」

このページのトップへ

高崎高校スーパーサイエンスハイスクール講座<2016.7.20>

大学院生のAdhiさん(博士課程3年)が本日、高崎高校にて1年生77人に、自身の取り組んでいる研究について発表しました。
学生からは、医学や研究について沢山の質問が飛び交い、興味・関心の高さを伺い知る事ができました。今日の講座を聴講した学生さん達が、これからの将来を担って活躍する日が楽しみです。
adhi

このページのトップへ

「植村研一賞」The Kenichi Uemura Awardを受賞しました。<2016.7.19>

植村研一賞

7月16・17日に慶応義塾大学 日吉キャンパスにて第19回日本医学英語教育学会 学術集会が行われ、当科の高橋綾子先生が、表彰を受けました。

*植村研一賞とは、学術集会における一般演題について、その学術的内容と発表技術の両面で総合的に最も優れた発表を行った演者に授与される賞です。高橋先生は、前年度に発表した演題が選ばれました。おめでとうございます。

このページのトップへ

論文がアクセプトされました。<2016.7.13>

宮崎将也先生の論文がJapanese Journal of Radiology に掲載される予定です。
論文のタイトルと著者は、以下の通りです。

◇タイトル: Ablation Protocols and Ancillary Procedures in Tumor Ablation Therapy:
Consensus from Japanese Experts.
◇著者: Masaya Miyazaki, Toshihiro Iguchi, Haruyuki Takaki, Takashi Yamanaka,
Yoshitaka Tamura, Hiroyuki Tokue, Yozo Sato, Osamu Ikeda, Tadashi
Simizu, Koichiro Yamakado

尚 詳細につきましては、後日 研究業績ページにアップ致します。

このページのトップへ

小平先生の学位審査について<2016.7.11>

小平先生-2無題

本日、小平明果先生の大学院予備審査が行われました。

このページのトップへ

>> 記事一覧を見る