Inforamtion

The Past Articles

論文がアクセプトされました。<2017.11.20>

山口藍子先生の論文が The Journal of Nuclear Medicineという雑誌にアクセプトされました。
Title: Radiolabeled (4-Fluoro-3-iodobenzyl)guanidine improves imaging and targeted radionuclide therapy of norepinephrine transporter-expressing tumors

このページのトップへ

論文がアクセプトされました。<2017.11.15>

掲載されました論文の情報は以下の通りです。

18F-FAMT PET Is Useful to Distinguish between Specific Uptake and Nonspecific Uptake Compared to 18F-Flourodeoxyglucose Position Emission Tomography in Esophageal Cancer Patients.


Sohda M, Miyazaki T, Honjyo H, Hara K, Ozawa D, Sakai M, Yokobori T, Higuchi T, Tsushima Y, Kuwano H.

Dig Surg. 2017 Nov 2. doi: 10.1159/000480122. [Epub ahead of print]


このページのトップへ

第19回DAISEN腹部放射線カンファレンスにて<2017.11.14>

平成29年11月11日(土)、鳥取県米子市で開催された第19回DAISEN腹部放射線カンファレンスにて、発表しました。

講演2 午後3時30分〜午後4時00分
「IVRにおける術者・スタッフの被ばくと防護」 放射線部 関優子 先生

特別講演1 午後4時15分〜午後5時15分
「骨病変に対するablationと経皮的凍結療法の今後の展望」 放射線部 宮崎将也 先生

このページのトップへ

NEPAL MEDICAL COUNCILに合格しました。<2017.11.13>


ANMEG1期生のAnu Bhattaraiさん(平成29年9月30修了生)が、母国ネパールで核医学専門医試験に合格しました。おめでとうございます。

このページのトップへ

第5回ANMEGシンポジウム,情報交換会の様子(写真)<2017.11.13>



このページのトップへ

第5回アジアにおける核医学発展のための指導的人材養成プログラム             シンポジウム・学習成果発表会  <2017.11.10>

◇日時: 平成29年11月10日(金) 午後1時〜4時50分
◇場所: 群馬大学医学部臨床大学院講堂 地図

今回で5回目となるANMEGシンポジウム・学習成果発表会が行われます。ANMEGプログラムに在籍している学生達が自身の研究成果を発表します。また、特別講演として、整形外科学講座 岡邨興一先生にご口演して頂く予定です。ご都合のつく方は是非ご参加下さい。※事前の申込は不要です。

【お問い合わせ先】
群馬大学大学院 放射線診断核医学
電話:027-220-8401 メール:info@anmeg.com



 

このページのトップへ

DIR meetingが行われました。<2017.11.6>

平成29年11月2日(木)臨床研究B棟5階、セミナー室においてDIR meetingが行われました。
次回の開催は、平成30年2月26日(金)を予定しています。

このページのトップへ

European Association of Nuclear Medicine2017 2017年10月20−23日 Vienna, Austriaで発表しました。 <2017.11.1>

山口藍子先生 (口頭)

A. Yamaguchi, H. Hanaoka, T. Higuchi, Y. Tsushima; Convenient synthesis and biological evaluation of 18F-labeled MIBG analog with an improved detectability

花岡宏史先生 (ポスター)

H. Hanaoka, A. Yamaguchi, Y. Ohshima, T. Higuchi, N. S. Ishioka,Y. Tsushima; Development of 18F-labeled α-methyl L-phenylalanine for tumor specific imaging

小山恵子先生 (ポスター)

K. Koyama, H. Yamada, T. Ogura, M. Kanou, K. Maehara, T. Ino, H.
Hoshizaki, S. Oshima, T. Toyama; Possibility of software program provided Artificial Neural Network (ANN) analysis supporting interpretation of medical staffs in myocardial perfusion SPECT

このページのトップへ

論文が掲載されました。<2017.11.1>

掲載されました論文の情報は以下のとおりです。

Miyazaki M, Tsushima Y: CT-guided percutaneous cryoablation of humerus bone metastasis: A case report. Low Temp Med. 2017 Vol.42, No2 27-29

このページのトップへ

論文が出版されました。<2017.10.30>

掲載論文の情報は以下のとおりです.

Hayashi N, Yarita K, Sakata K, Motegi S, Nagase H, Ujita K, Ogura A, Ogura T, Shimada T, Tsushima Y. Optimization method of MRI scan parameters of a double inversion recovery sequence using a T1 map and a developed analysis algorithm. J Xray Sci Technol. 2017 May 06;25(5):803-12.

このページのトップへ

>> 記事一覧を見る