Inforamtion

The Past Articles

第87回日本核医学関東甲信越地方会にて発表します。<2017.6.22>

◇日時: 平成29年7月8日(土) 13:00〜18:10
◇場所: 富士フィルム(株)西麻布本社講堂

【セッションII】14:00〜14:32
「甲状腺癌の内照射、外照射併用治療後の治療方針決定にEQ・PETが有用であった症例.」
朝永博康, 樋口徹也, 小平明果, 徳江梓, 有坂有紀子, 対馬義人

このページのトップへ

“子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術の紹介”ページをupしました。<2017.6.22>

トップページ、上の方に表示されている  患者さんへ タブを選択して下さい。
その中の IVR治療の紹介 のページに掲載しています。

http://rad-medical.net/02_ivr.php ←こちらからもご覧いただけます。

このページのトップへ

論文が掲載されます。<2017.6.19>                                BIO Clinica32(7)(585)53-57.          

TOPICS
「近赤外線光免疫療法の紹介とポジトロン核種標的による深部病変に対する可視化方法の研究」
著者:中島崇仁 先生

このページのトップへ

日本分子イメージング学会にて発表します。          5月25日(木)−26日(金)、会場:横浜港大さん橋ホール<2017.5.25>

*** Poster session ***
Bioluminescence images allows prediction of treatment response of Cryoablation in Colon26-Luc murine colon cancer model.
Oyunbold Lamid-Ochir, Takahito Nakajima, Masaya Miyazaki, Yoshito Tsushima

ヨウ素標識αメチル-フェニルアラニンの体内動態の違いに関する検討
Different biodistribution of iodine-labeled alpha-methyl-phenylalanine in mouse
花岡宏史, 山口藍子, 大島康宏, 石岡典子, 対馬義人

褐色細胞腫のPET 診断薬剤としての18F 標識MIBG アナログの有用性評価
Evaluation of [18F]FIBG as a PET imaging agent for the detection of Pheochromocytoma
山口藍子, 花岡宏史, 樋口徹也, 対馬義人

このページのトップへ

Medicineに論文が受理されました。<2017.5.24>

詳細につきしては、後日研究業績ページにアップ致します。

◆著者: Anu Bhattarai, Takahito Nakajima, Santosh Sapkota, Yukiko Arisaka, Azusa Tokue,Yoshito Tsushima.

◆タイトル: Diagnostic value of 18F-fluorodeoxyglucose uptake parameters to differentiate rheumatoid arthritis from other types of arthritis.

Medicine (in press)

このページのトップへ

EJNMMI Researchに論文が受理されました。<2017.5.23>

詳細につきましては、後日研究業績ページにアップ致します。

◆著者: Keishi Horiguchi, Masahiko Tosaka, Tetsuya Higuchi, Yukiko Arisaka, Kenichi Sugawara, Junko Hirato, Hideaki Yokoo, Yoshito Tsushima, Yuhei Yoshimoto.

◆タイトル: Clinical value of fluorine-18α-methyltyrosine PET in patients with gliomas: comparison with fluorine-18 fluorodeoxyglucose PET.

このページのトップへ

学位審査が行われました。<2017.5.22>

本日行われました、大学院生(博士課程4年)茂木俊一さん学位審査の様子です。

このページのトップへ

J Xray Sci Technol. 2017 May 6.に論文が掲載されます。<2017.5.22>

Optimization method of MRI scan parameters of a double inversion recovery sequence using a T1 map and a developed analysis algorithm.

このページのトップへ

第46回日本IVR学会総会モーニングセミナー<2017.5.18>

現在開催中の上記学会にて、5月19日(金)、宮崎将也先生がモーニングセミナーで発表します。

このページのトップへ

Japanese Journal of Radiology に論文が受理されました。<2017.5.12>

Fukushima Y, Miyazawa H, Nakamura J, Taketomi-Takahashi A, Suto T, Tsushima Y: Contrast-induced nephropathy (CIN) of patients with renal dysfunction in CT examination.

このページのトップへ

>> 記事一覧を見る