Inforamtion

The Past Articles

論文がアクセプトされました。<2018.8.3>

当分野の対馬教授、花岡先生、山口先生が共著者として携わっている論文が、Scientific Reportsに掲載されます。詳細については後日研究業績ページにアップ致します。

タイトル:Myocardial fatty acid uptake through CD36 is indispensable for sufficient bioenergetic metabolism to prevent progression of pressure overload-induced heart failure.

このページのトップへ

公開学位審査が行われました。<2018.7.29>

平成30年7月27日(金)16時から基礎棟1階 特別会議室にてZhang Xieyiさん(博士課程4年)の公開学位審査が行われました。

このページのトップへ

公開学位審査が行われました。<2018.7.26>

平成30年7月26日(木)15時からアメニティーモール2階 カンファレンス3にてOyunbold Lamid-Ochirさん(博士課程4年)の公開学位審査が行われました。

このページのトップへ

論文が掲載されました。<2018.7.25>

Seki Y, Fukushima Y, Ando M, Yarita K, Suto T, Tsushima Y: Exposure Dose Reduction for Radiologists with Combination of Angular Beam Modulation and Radiation Protection Drape in CT Fluoroscopy: A Phantom Study.Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai Zasshi. 2018;74(7):667-674.

このページのトップへ

平成30年度 群馬健康医学振興会研究助成に採択されました。<2018.7.20>

「DWIBS法による去勢抵抗性前立腺癌に対するゾーフィゴの治療効果判定方法の確立」
      熊坂創真先生(放射線部 医員)

「CT透視に用いる再利用可能で安価なマーカーの開発」
      関優子先生(放射線部 診療放射線技師)
 

このページのトップへ

公開学位審査が行われました。<2018.7.20>

平成30年7月19日(木)14時から医学部特別会議室にてNguyen Thu Huongさん(博士課程4年)の公開学位審査が行われました。

このページのトップへ

フィラデルフィアで開催された学会で発表しました。<2018.7.13>

SNMMI 2018 Annual Meeting in Philadelphia, USA from 23 June to 26 June.
Zhang Xieyiさん(大学院博士課程4年生:放射線診断核医学専攻)

このページのトップへ

論文が掲載されました。<2018.7.6>

宮崎将也先生が参加している研究の論文が雑誌に掲載されました。

Hasegawa T, Yamanaka T, Gobara H, Miyazaki M, Takaki H, Sato Y, Inaba Y, Yamakado K: Radiofrequency ablation versus cryoablation for T1b renal cell carcinoma: a multi-center study. Jpn J Radiol. 2018 Jul 2. doi: 10.1007/s11604-018-0756-x. [Epub ahead of print]

Kubo N, Harimoto N, Shibuya K, Ishii N, Tsukagoshi M, Igarashi T, Watanabe A, Araki K, Miyazaki M, Kuwano H, Shirabe K: Successful treatment of isolated bile leakage after hepatectomy combination therapy with percutaneous transhepatic portal embolization and bile duct ablation with ethanol: a case report. Surg Case Rep. 2018 Jun 19;4(1):61. doi: 10.1186/s40792-018-0463-y.

Tanigawa N, Arai Y, Yamakado K, Aramaki T, Inaba Y, Kanazawa S, Matsui O, Miyazaki M, Kodama Y, Anai H, Hamanaka A: Phase I/II Study of Radiofrequency Ablation for Painful Bone Metastases: Japan Interventional Radiology in Oncology Study Group 0208. Cardiovasc Intervent Radiol (2018) 41: 1043-1048.

このページのトップへ

論文が掲載されます。<2018.6.29>

Nguyen-Thu H, Ohyama Y, Taketomi-Takahashi A, Nguyen-Cong T, Sugimoto A, Sato M, Sumiyoshi H, Nakamura T, Kurabayashi M, Tsushima Y: Association of Aortic Arch Width Assessed by Noncontrast Cardiac Computed Tomography With Cardiac Remodeling, Cardiac Function, and Atherosclerosis in a Japanese Cohort. J Thorac Imaging. 2018 Jul;33(4):240-245.

Taketomi-Takahashi A, Tsushima Y: In Utero Exposure to Gadolinium-based Contrast Agents. Radiology. 2018 Jun 26:180147.

このページのトップへ

公開学位審査が行われました。<2018.6.27>

平成30年6月25日(月)16時から医学部特別会議室にてRyan Yudistiroさん(博士課程4年)の公開学位審査が行われました。

このページのトップへ

>> 記事一覧を見る