Inforamtion

The Past Articles

論文がアクセプトされました。<2017.7.20>

入内島さんの論文が、Radiation Protection Dosimetry という雑誌にアクセプトされました。

SIMPLE METHOD OF SIZE-SPECIFIC DOSE ESTIMATES CALCULATION FROM PATIENT WEIGHT ON COMPUTED TOMOGRAPHY.
Akiko Iriuchijima, Yasuhiro Fukushima, Takahito Nakajima, Yoshito Tsushim and Akio Ogura
Radiation Protection Dosimetry (2017), pp. 1-5

このページのトップへ

学位審査が行われました。<2017.7.14>

平成29年7月10日(月) 医学部特別会議室にて、ANMEG1期生Anu Bhattaraiさん(博士4年)の学位審査が行われました。

このページのトップへ

第53回日本肝癌研究会にて発表しました。<2017.7.11>

2017年7月6日(木)〜7日(金)、東京新宿京王プラザホテルで開催された”第53回日本肝癌研究会”にて、木村慎太郎先生が発表しました。

   演題: 当院における肝細胞癌に対するIVR-CTを用いたTACEの治療成績
        木村慎太郎, 渋谷圭, 徳江浩之, 宮崎将也, 柿崎暁, 対馬義人

このページのトップへ

Best of BJR 2017に掲載されます。<2017.7.6>



British Journal of Radiologyという雑誌の編集者が選んだ2017年の優秀論文13編のうちの1つに、A. Adhipatria P. Kartamihardjaさん(研究員)の論文が選ばれました。

◇タイトル: Distribution and clearance of retained gadolinium in the brain: differences between linear and macrocyclic gadolinium based contrast agents in a mouse model.

◇著者: A. Adhipatria P. Kartamihardja, Takahito Nakajima, Satomi Kameo, Hiroshi Koyama, and Yoshito Tsushima

⇒こちらから論文を閲覧できます。

このページのトップへ

第31回日本腹部放射線学会にて<2017.7.5>

6月30日〜7月1日、旭川市大雪クリスタルホールで開催されました”第31回日本腹部放射線学会”にて、当科の大学院生(博士2年)Enkhjargal Manduulさんが発表しました。

このページのトップへ

公開学位審査のお知らせ<2017.7.3>

ANMEG1期生のAnu Bhattaraiさんの学位審査の日程が決まりました。
*日時:7月10日(月) 15:00より
*会場:医学部特別会議室

このページのトップへ

Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS) 2017 にてポスター賞を受賞しました。<2017.6.29>

平成29年6月20日〜24日にバルセロナで開催されたComputer Assisted Radiology and Surgery (CARS) 2017 においてポスター賞(2nd Prize)を頂きました。

Development of voxel-based morphometry system for WAIR images obtained by the DIR sequence using an optimized MRI method
[Authors] N. Hayashi, 1)Y. Satoh, 2)Y. Shimoyama, 3)S. Motegi, 1)H. Watanabe, 4)K. Ujita, 1)A. Ogura, 1)T. Ogura, 5)Y. Tsushima
1) Gunma Prefectural College of Health Sciences, Maebashi, JAPAN, 2) Shinozuka Hospital, 3) Josai Clinic, 4) Gunma University Hospital, 5) Gunma University Graduate School of Medicine

このページのトップへ

“腎がんに対する経皮的凍結療法の紹介”ページをupしました。<2017.6.26>

当科で行っているIVR治療”腎がんに対する経皮的凍結療法”について紹介しています。

*腎がんに対する経皮的凍結療法とは?
*腎がんに対する凍結療法の適応について
*治療の方法
*治療効果について
*合併症について
*受診について

詳しくはこちらのページをご覧下さい。

このページのトップへ

第29回関東IVR研究会にて発表します。<2017.6.26>

◇会期: 平成29年7月8日(土)
◇会場: 東京コンファレンスセンター品川

「腎癌凍結療法に腸管損傷を生じたが保存的治療のみで軽減した1例」
小松由希, 宮崎将也, 木村慎太郎, 熊坂創真, 渡邉義也, 徳江浩之, 渋谷圭, 対馬義人

このページのトップへ

第87回日本核医学関東甲信越地方会にて発表します。<2017.6.22>

◇日時: 平成29年7月8日(土) 13:00〜18:10
◇場所: 富士フィルム(株)西麻布本社講堂

【セッションII】14:00〜14:32
「甲状腺癌の内照射、外照射併用治療後の治療方針決定にEQ・PETが有用であった症例.」
朝永博康, 樋口徹也, 小平明果, 徳江梓, 有坂有紀子, 対馬義人

このページのトップへ

>> 記事一覧を見る