Inforamtion

The Past Articles

論文が受理されました。<2017.12.18>

Rational evaluation of the therapeutic effect and dosimetry of auger electrons for radionuclide therapy in a cell culture model.


Shinohara A, Hanaoka H, Sakashita T, Sato T, Yamaguchi A, Ishioka NS, Tsushima Y.

Ann Nucl Med. 2017 Dec 13. doi: 10.1007/s12149-017-1225-9.


このページのトップへ

論文が受理されました。<2017.12.13>

Achmad A, Bhattarai A, Yudistiro R, Heryant Y. D, Higuchi T, Tsushima Y: The diagnostic performance of 18F-FAMT PET and 18F-FDG PET for malignancy detection: A meta-analysis. BMC Medical Imaging

Umbarawan Y, Syamsunarno MRAA, Obinata H, Yamaguchi A, Sunaga H, Matsui H, Hishiki T, Matsuura T, Koitabashi N, Obokata M, Hanaoka H, Haque A, Kunimoto F, Tsushima Y, Suematsu M, Kurabayashi M, Iso T: Robust suppression of cardiac energy catabolism with marked accumulation of energy substrates during lipopolysaccharide-induced cardiac dysfunction in mice. Metabolism. 2017 Dec; 77: 47-57.

このページのトップへ

第5回クリニカル PET フォーラムで発表します。<2017.12.8>

◇日時  平成29年12月16日(土)15:00〜18:00
◇会場  野村コンファレンスプラザ日本橋「6F 大ホール」

【技術講演】
嶋田博孝(放射線部 主任)
「EQ-PETとGI-PETのハーモナイゼーション機能における相関性についての検討」

このページのトップへ

論文が受理されました。<2017.12.5>

以下の論文が、Endocrine Journalという雑誌に受理されました。
詳細につきましては、後日研究業績ページにアップ致します。

Higuchi T, Achmad A, Binh DD, Bhattarai A, Tsushima Y. Determining patient selection tool and response predictor for outpatient 30 mCi radioiodine ablation dose in non-metastatic differentiated thyroid carcinoma: A Japanese perspective. Endocrine Journal.

このページのトップへ

論文が掲載されました。<2017.12.5>

掲載されました論文の情報は以下の通りです。
Tokue H, Morita H, Tokue A, Tsushima Y: Successful management of life-threatening bleeding of intraductal papippary mucinous meoplasms in the pancreatic head. SAGE Open Med Case Rep. 2017 Nov 11

このページのトップへ

造影剤検査の安全性を考える会in群馬が開催されました。<2017.11.27>

◇日時: 平成29年11月22日(水)19:00-20:30
◇会場: 群馬大学医学部臨床中講堂

【特別講演1】
『心臓CTにおける至適造影法について』
座長: 静毅人 先生
演者: 立神史稔 先生

【特別講演2】
『ヨード造影剤の安全性 最新の話題』
座長: 小山佳成 先生
演者: 対馬義人 先生

会終了後の情報交換会にて…

このページのトップへ

RSNA2017-McCormick Place, Ciagoで発表します。<2017.11.22>

中島崇仁先生
Title: Qantitative Comparison of T1 Shortening by Three Different Macrocyclic Gadolinium-Based Contrast Agents in Cardiac MRI of the Myocardium and Left Ventricle.
Tuesday11:30-11:40AM

熊坂創真先生
Title: Prognostic Value of Metabolic Tumor Volume of Pretreatment 18F-FAMT PET in Non-Small Cell Lung Cancer.
Thursday 12:15-12:45PM

このページのトップへ

論文がアクセプトされました。<2017.11.20>

山口藍子先生の論文が The Journal of Nuclear Medicineという雑誌にアクセプトされました。
Title: Radiolabeled (4-Fluoro-3-iodobenzyl)guanidine improves imaging and targeted radionuclide therapy of norepinephrine transporter-expressing tumors

このページのトップへ

論文がアクセプトされました。<2017.11.15>

掲載されました論文の情報は以下の通りです。

18F-FAMT PET Is Useful to Distinguish between Specific Uptake and Nonspecific Uptake Compared to 18F-Flourodeoxyglucose Position Emission Tomography in Esophageal Cancer Patients.


Sohda M, Miyazaki T, Honjyo H, Hara K, Ozawa D, Sakai M, Yokobori T, Higuchi T, Tsushima Y, Kuwano H.

Dig Surg. 2017 Nov 2. doi: 10.1159/000480122. [Epub ahead of print]


このページのトップへ

第19回DAISEN腹部放射線カンファレンスにて<2017.11.14>

平成29年11月11日(土)、鳥取県米子市で開催された第19回DAISEN腹部放射線カンファレンスにて、発表しました。

講演2 午後3時30分〜午後4時00分
「IVRにおける術者・スタッフの被ばくと防護」 放射線部 関優子 先生

特別講演1 午後4時15分〜午後5時15分
「骨病変に対するablationと経皮的凍結療法の今後の展望」 放射線部 宮崎将也 先生

このページのトップへ

>> 記事一覧を見る