Inforamtion

The Past Articles

2022年10月

2022/10/03
中国政府から優秀自費留学生として表彰されました。

R3年度卒業生の顧文超 氏(現、筑波大学 博士研究員)が、2021年度中国優秀自費留学生賞を受賞しました。

この賞は、自費留学にて博士課程に在籍している優秀な大学院生に対して授与されるものです。

 
 

2022年9月

2022/09/28
日本超音波検査学会より A評価の認定を受けました。

群馬大学医学部附属病院の超音波診療センターが、一般社団法人日本超音波検査学会より、腹部領域・心臓領域・血管領域・体表領域で、A評価の認定を受けました。

2022/09/27
論文が出版されました。<Frontiers in Immunology>

以下の論文が出版されました。

Fu Y, Guo Z, Wang Y, Zhang H, Zhang F, Xu Z, Shen X, Roppongi R, Mo S, Gu W (*corresponding authors), Nakajima T, Tsushima Y: Single-nucleus RNA sequencing reveals the shared mechanisms inducing cognitive impairment between COVID-19 and Alzheimer’s disease. Front Immunol. 2022 Sep doi: 10.3389/fimmu.2022.967356

2022/09/22
第50回断層映像研究会にて口演発表します。

2022年9月30日(金)~10月1日(日)東京大学 伊藤国際学術センターで開催される「第50回断層映像研究会」にて、池谷美穂先生が口演発表をします。

 
9/30(金) 一般演題 1 『体幹部』

演題:悪性腫瘍との鑑別が困難であった炎症性血管筋脂肪腫(inflammatory AML)の1例
池谷美穂, 市川智章, 対馬義人, 佐野孝昭

2022年8月

2022/08/15
熊坂先生がイギリスへ留学

2022年9月より、当科の熊坂創真先生、熊坂百香先生がイギリスへ留学いたします。

2022年7月

2022/07/05
公開学位審査が行われました。

2022年7月4日(月)17時より、医学部小会議室にて、

大学院博士課程 Citra Rezza Aurora Putri Palangkaさんの学位審査が行われました。

2022/07/04
論文が出版されました。<Psychiatry and Clinical Neurosciences >

下記の論文が出版されました。

Tagawa M, Takei Y, Kato Y, Suto T, Hironaga N, Ohki T, Takahashi Y, Fujihara K, Sakurai N, Ujita K, Tsushima Y, Fukuda M: Disrupted local beta band networks in schizophrenia revealed through graph analysis: A magnetoencephalography study.  Psychiatry and Clinical Neurosciences 2022 Apr 76: 309-320

2022年6月

2022/06/28
論文が公開されました。<Nuclear Medicine Communications>

下記の論文が公開されました。

 
Kurosawa Y, Kanzaki T, Higuchi T, Tkayuki S, Tsushima Y: Usefulness of simulation in optimizing imaging settings for pediatric technetium-99m-dimercaptosuccinic acid single-photon emission computed tomography.
 
DOI: 10.1097/MNM.0000000000001597

デフォルト画像
2022/06/28
Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences. 論文採択について

下記の論文が、Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciencesにアクセプトされました。
 
タイトル:  A prospective study of sequential hepatic vein embolization after portal vein embolization in patients scheduled for right‐sided major hepatectomy: results of feasibility and surgical strategy using functional liver assessment
 
著者: Tsushima Y, et al.

デフォルト画像
2022/06/28
World Neurosurgery.論文採択について

下記の論文が、World Neurosurgeryにアクセプトされました。

タイトル: Preoperative MRI localization of normal pituitary gland in non-functioning pituitary adenoma patients using the radiological sign of “ICA Notch”
 
著者: Tosaka M, et al.

デフォルト画像
2022/06/09
J Neurol Sci. 論文採択について

下記の論文が、J Neurol Sci.にアクセプトされました。
 
タイトル: Criteria-unfulfilled multiple system atrophy at an initial stage exhibits laterality of middle cerebellar peduncles
 
著者: Minori Furuta, Masayuki Sato, Setsuki Tsukagoshi, Yoshito Tsushima, Yoshio Ikeda

デフォルト画像
2022/06/03
J Hepatobiliary Pancreat Sci. 論文採択について

下記の論文がJ Hepatobiliary Pancreat Sci. にアクセプトされました。
タイトル: A prospective study of sequential hepatic vein embolization after portal vein embolization in patients scheduled for right-sided major hepatectomy: results of feasibility and surgical strategy using functional liver assessment
 
著者: Araki, Kenichiro; Shibuya, Kei; Harimoto, Norifumi; Watanabe, Akira; Tsukagoshi, Mariko; Ishii, Norihiro; Ikota, Hayato; Yokobori, Takehiko; Tsushima, Yoshito; Shirabe, Ken

2022/06/03
論文が出版されました。<Clinical Rheumatology >

下記の論文が公開されました。

Yamaguchi K, Nakajima T, Yamaguchi A, Itai M, Onuki Y, Shin Y, Uno S, Muto S, Kouno S, Yatomi M, Aoki‑Saito M, Hara K, Endo Y, Motegi S,  Muro Y, Nakasatomi M, Sakairi T, Hiromura K, Katsumata N, Hirasawa H, Tsushima Y, Maeno T: Quantitative CT analysis of interstitial pneumonia in anti‑melanoma diferentiation‑associated gene 5 antibody‑positive dermatomyositis: a single center, retrospective study
Clinical Rheumatology 2022 Jan 41:1473–1481 https://doi.org/10.1007/s10067-021-06033-7

2022年5月

2022/05/23
第51回日本IVR学会にてポスター発表します。

2022年6月4日(土)~6日(月)神戸国際展示場で開催される「第51回日本IVR学会」にて、徳江浩之先生, 吉原晃生先生がポスター発表します。

Title: PABO above or below the ovarian artery in patients with coexisting placenta accreta and previa
Authors: Hiroyuki Tokue, Takashi Kameda, Kei Shibuya, Soma Kumasaka, Masashi Ebara, Aya Takase, Terutaka Yoshihara, Hiroyuki Yasui, Hiroaki Takayama, Azusa Tokue, Yoshito Tsushima
 
Title: Image findings of CT and clinical outcomes of transarterial embolization for retained placenta
Authors: Terutaka Yoshihara, Hiroyuki Tokue, Hiroyuki Yasui, Masashi Ebara, Soma Kumasaka, Kei Sibuya, Yoshito Tsushima

2022年4月

デフォルト画像
2022/04/25
Int J Clin Oncol論文採択について

下記の論文がアクセプトされました。

Osawa S, Tosaka M, Horiguchi K, Tokue A, Higuchi T, Tsushima Y, and Yoshimoto Y. Usefulness of dual isotope 123I-IMP and 201Tl SPECT for the diagnosis of primary central nervous system lymphoma and glioblastoma. Int J Clin Oncol 2022 in press

2022/04/12
論文が出版されました。<Scientific reports>

下記の論文が出版されました。

Ariyani W, Miyazaki W, Tsushima Y, Koibuchi N: Gadolinium‑based contrast agent accelerates the migration of astrocyte via integrin αvβ3 signaling pathway. 2022 Apr Scientificreports. 12:5850 https://doi.org/10.1038/s41598-022-09882-7

2022年3月

2022/03/24
論文が公開されました。<World of Surgical Oncology>

下記の論文がオンラインで公開されました。

Hiroyuki Tokue, Azusa Tokue and Yoshito Tsushima: Efectiveness of a fow confrmation study of a central venous port of the upper arm versus the chest wall in patients with suspected system-related mechanical complications.

2022/03/03
論文が公開されました。<Radioprotection>

下記の論文がオンラインで公開されました。

Kanzaki Takao, Higuchi Tetsuya, Zhang Xieyi, Takahashi Yasuyuki, Sakai Mari, Tsushima Yoshito: A lightweight 0.25 mm lead equivalence protective apron for shielding radiological technologists from radiation exposure during single-photon emission computed tomography in nuclear medicine
 

2022年2月

2022/02/18
論文が公開されました。<Oral Radiology>

下記の論文が公開されました。

Hiroyuki Tokue, Azusa Tokue, Yoshito Tsushima: Detection of child abuse on computed tomography imaging due to presence of severe caries: a case report. oral Radiology https://doi.org/ 10.1007/s11282-022-00591-5

2022/02/10
論文がClinical Imaging Vol.84 April 2022, Pages87-92に掲載されました。

以下の論文が、Clinical Imaging Vol.84 April 2022, Pages87-92に掲載されました。

2022年1月

2022/01/20
公開学位審査が行われました。(Prev Odonchimegさん)

令和4年1月12日(水)14時より、特別会議室にてPrev Odonchimegさんの公開学位審査が行われました。

デフォルト画像
2022/01/06
Clinical Imaging論文採択について

下記の論文がアクセプトされました。

タイトル: Impact of left atrial enlargement on image quality in coronary computed tomography angiography
著者: Nguyen-Cong T et al.

2021年12月

2021/12/13
論文が掲載されました。<EJNMMI Physics>

下記の論文が掲載されました。

Sakashita T, Matsumoto S, Watanabe S, Hanoka H, Ohshima Y, Ikoma Y, Ukon N, Higuchi T, Tsushima Y, Ishioka N: Nonclinical study and applicability of the absorbed dose conversion method with a single biodistribution measurement for targeted alpha‑nuclide therapy. EJNMMI Physics 2021 Dec, 8:80 https://doi.org/10.1186/s40658-021-00425-z

デフォルト画像
2021/12/01
Nuclear Medicine and Biology論文採択について

下記の論文がアクセプトされました。

タイトル: Enhancing the accumulation level of 3-[18F]fluoro-L-α-methyltyrosine in tumors by preloading probenecid
 
著者: Hirofumi Hanaoka, Ayaka Kanai, Aiko Yamaguchi, Isa Mahendra, Palangka Citra, Tetsuya Higuchi, Yoshito Tsushima, Yasuhiro Ohshima

2021年11月

2021/11/01
令和3年度医療安全週間*医療安全標語*<病院長賞>受賞しました。

10月21日(木)令和3年度医療安全週間ポスター・標語表彰式が行われ、当科の徳江浩之先生が、医療安全標語の病院長賞を受賞しました。

—– 医療安全標語 ——

<最優秀賞>

泌尿器科「事故ゼロの 安全リレーに 金メダル

<優秀賞>

救急・総合医療センター「自己流で、うまくやるより、マニュアル確認

<病院長賞>

核医学科「マスクでも 聞こえる声で 再確認

麻酔・集中治療科「「まぁいいか」、違和感放置は事故のもと

—– 医療安全ポスター —–

<最優秀賞>

歯科口腔・顎顔面外科、南7階病棟『急変時シュミレーション』

<優秀賞>

救急・総合医療センター『救急・総合医療センターにおける患者確認の取り組み』

<病院長賞>

感染症特別病棟『感染症特別病棟における取り組み』

2021年10月

デフォルト画像
2021/10/18
Journal of Biophotonics 論文採択について

下記の論文がJournal of Biophotonics にアクセプトされました。
論文:Imaging modalities for monitoring acute therapeutic effects after near-infrared photoimmunotherapy in vivo
対馬教授(co-author)

2021/10/11
令和3年度群馬大学大学院医学系研究科9月修了生【学位伝達式】

令和3年9月24日(金)、群馬大学大学院医学系研究科9月修了生の学位伝達式が執り行われ、

ANMEGプログラムの5期生4名と、修士課程の大学院生1名が卒業致しました。

おめでとうございます!

Gu Wenchao さん(放射線診断核医学)ANMEG博士課程, 出身:中国

Tran Van Bien さん(放射線診断核医学)ANMEG博士課程, 出身:ベトナム

Hritu Baral さん(皮膚科学)ANMEG博士課程, 出身:ネパール

Shreya Shreshthaさん(腎臓リウマチ内科学)ANMEG博士課程, 出身:ネパール

Afrizki Dinurfitri Wirangaraさん(放射線診断核医学)修士課程, 出身:インドネシア

2021/10/06
公開学位審査が行われました。(江原 雅之 先生)

令和3年10月4日(金)16時より、医学部小会議室にて江原 雅之先生の公開学位審査が行われました。

2021/10/06
論文が掲載されました。<日本診療放射線技師会誌 第68巻 第10号>

下記の論文が掲載されました。

尾崎 大輔, 氏田 浩一, 須藤 高行, 対馬 義人: 鎮静下小児MRI検査における途中覚醒の危険因子分析.

日本診療放射線技師会誌 第68巻 第10号 2021, 19-23

2021/10/06
論文が掲載されました。<Eur J Radiol>

下記の論文が掲載されました。

Fukushima Y, Nakamura J, Seki Y, Ando M, Miyazaki M, Tsushima Y: Patients’ radiation dose in computed tomography-fluoroscopy-guided percutaneous cryoablation for small renal tumors. Eur J Radiol. 2021;144:109972. doi:https://doi.org/10.1016/j.ejrad.2021.109972

2021/10/04
新入職スタッフの紹介です。

10月1日より核医学科に入職されました先生です。

どうぞよろしくお願い致します。

2021/10/01
北関東医学会優秀論文賞を受賞

当科の熊坂百香先生が、北関東医学会優秀論文賞を受賞しました。

本日、開催中の第68回北関東医学会総会にて、講演を行います。

2021年9月

デフォルト画像
2021/09/24
International Journal of Phytoremediation 論文採択について

下記の論文が、International Journal of Phytoremediationに採択されました。

Title: Biosorption of different gadolinium (Gd) complexes from water by Eichhornia crassipes (water hyacinth)


Authors: A. Adhipatria P. Kartamihardja, Soma Kumasaka, Lukman Hilfi, Satomi Kameo, Hiroshi Koyama, Yoshito Tsushima

デフォルト画像
2021/09/17
論文が公開されました。(脳血管内治療 2021年9月)

下記の論文が公開されました。

関 優子, 清水 立矢, 藍原 正憲, 山口 玲, 相島 薫, 好本 裕平, 安藤 雅, 須藤 高行, 対馬 義人: 大動脈弓部の形態がカテーテルアクセス時間に与える影響. 脳血管内治療 2021 9月
DOI https://doi.org/10.20626/nkc.oa.2021-0018

2021/09/09
公開学位審査についてのお知らせ

江原 雅之先生の公開学位審査の日程が決まりました。

◇日時: 令和3年10月4日(月) 16時より

◇会場: 医学部小会議室(臨床研究A棟1階)

 

2021年8月

デフォルト画像
2021/08/11
Advances in Radiation Oncology論文採択について

江原雅之先生の論文が、Advances in Radiation Oncologyに採択されました。
 
タイトル: Evaluation of Threshold Dose of Damaged Hepatic Tissue after Carbon-ion Radiotherapy Using Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI
 
著者: Masashi Ebara, Kei Shibuya, Hirofumi Shimada, Motohiro Kawashima, Hiromi Hirasawa , Ayako Taketomi-Takahashi, Tatsuya Ohno, Yoshito Tsushima

2021/08/02
公開学位審査が行われました。(Tran Van Bienさん)

令和3年7月30日(金)12時より、医学部小会議室にてTran Van Bienさんの公開学位審査が行われました。

2021/08/02
公開学位審査が行われました。(Gu Wenchaoさん)

令和3年6月23日(水)15時より、医学部特別会議室にてGu Wencaoさんの公開学位審査が行われました。

 

デフォルト画像
2021/08/02
論文採択について

留学生Gu Wenchaoさんに関する論文採択のお知らせです。

 
論文:Comprehensive analysis of the systemic transcriptomic and immunological alternations during the occurrence and progress of COVID-19
Oxidative Medicine and Cellular Longevity(impact factor 6.5)にアクセプトされました。(corresponding author)
論文:Multi-omics Analysis of Ferroptosis Regulation Patterns and Characterization of Tumor Microenvironment in Patients with Oral Squamous Cell Carcinoma
international Journal of Biological Sciences (impact factor 6.5) にアクセプトされました。(First author)

>> 記事一覧を見る

このページのトップへ