Inforamtion

The Past Articles

第22回DIRミーティング開催について

2019年3月15日(金) 18:30より臨床研究B棟5階の共用セミナー室において、第22回DIRミーティングが開催され、各施設よりお集まり頂いた先生方の研究進捗状況や、学会への発表報告及び予定について報告しました。
写真は、ミーティング終了後の懇親会の様子です。

このページのトップへ

論文が掲載されました。<2019.3.5>

Motegi S, Fujiwara C, Sekiguchi A, Hara, K, Yamaguchi K, Maeno T, Higuchi T, Hirasawa H, Kodaira S, Tomonaga H, Tsushima Y, Ishikawa O. Clinical value of 18F-FDG PET/CT for interstitial lung disease and myositis in patients with dermatomyositis. J Dermatol. 2019 Mar; 46(3): 213-218.

Xieyi Zhang, 樋口徹也, 朝永博康, 平澤裕美, Zorigt Odgererl, 高橋綾子, 対馬義人: SUVmax May Predict the Theraoeutic Response to 131I Radioactive Iodine Therapy in Metastatic Differentiated Thyroid Carcinoma: A Case Report. 群馬県核医学研究会会誌 Vol.33 No.1, 7-10,  2018

江原雅之, 井手宗則, 対馬義人: 免疫染色のため経皮的針生検. 臨床画像 Vol.35 No.3, 366-370, 2019

このページのトップへ

論文掲載についてお知らせ<2019.2.25>

下記の論文が、Oral Radiolgy に掲載されました。
Kim M, Higuchi T, Nakajima T, Andriana P, Hirasawa H, Tokue A, Kurihara J, Yokoo S, Tsushima Y: 18F-FDG and 18F-FAMT PET-derived metabolic parameters predict outcome of oral squamous cell carcinoma. Oral Radiol. 2019 Feb 18. doi: 10.1007/s11282-019-00377-2.

このページのトップへ

群馬県警察本部から感謝状授与されました。<2019.2.19>

このページのトップへ

産休に入ります。<2019.2.18>

2月15日(金)付けで、医員の小松先生が産休に入りました。
ご無事の出産を教室員一同お祈りしています。

このページのトップへ

論文が掲載されました。<2019.2.14>

Shibuya K, Kasama S, Funada R, Katoh H, Tsushima Y: Kounis syndrome induced by contrast media: A case report and review of literature. European Journal of Radiology Open Vol.6 2019, 91-96

このページのトップへ

論文がアクセプトされました。<2019.2.14>

下記のタイトルの論文が、Radiological Physics and Technology にアクセプトされました。
詳細につきましては後日研究業績ページにてアップ致します。
Voxel-based morphometry analysis of double inversion-recovery magnetic resonance imaging for detecting microscopic lesions: a simulation study Radiological Physics and Technology:
Sato Y, Hayashi N, Maruyama T, Motegi S, Ujita K, Suto T, Watanabe H, Ogura T, Ogura A, Tsushima Y

このページのトップへ

第37回群馬IVR研究会<2019.2.7>

エーザイ株式会社様との共催で、第37回群馬IVR研究会が開催されました。続きを読む・・・

このページのトップへ

山梨県立中央病院での研修会で講演しました。<2019.2.1>

平成31年1月30日(水)山梨県立中央病院にて開催された研修会で、対馬義人教授が講演致しました。
講演内容は、病院職員を対象とした造影剤の安全使用に関する普及啓発と知識の向上についてです。

このページのトップへ

論文が掲載されました。<2019.1.28>

下記の論文が雑誌「内分泌・糖尿病・代謝内科 Vol.48No.1 Jan.2019 科学評論社」に掲載されました。
*タイトル: 甲状腺がんに対する放射性ヨウ素内用療法の現状と展望
*著者: 徳江梓、樋口徹也、朝永博康、徳江浩之、中嶌崇仁、対馬義人

このページのトップへ

>> 記事一覧を見る