現在使用しているテンプレートファイル:category.php

CATEGORY


論文アクセプトのお知らせ

論文掲載

下記の論文がFrontiers in Neurologyにアクセプトされました。

標題: Cerebral Microbleeds, Cerebrospinal Fluid and Neuroimaging Markers in Clinical Subtypes of Alzheimer’s Disease
 
著者: Masaki Ikeda, Hiroo Kasahara, Sayaka Kodaira, Kazuaki Nakashima, Yukiko Fujita, Kouki Makioka, Eriko Takai, Kimitoshi Hirayanagi, Natsumi Furuta, Etsuko Sanada, Ayumi Kobayashi, Shun Nagamine, Yasuo Harigaya, Noriaki Hattori, Tsuneo Yamazaki, Yuichi Tashiro, Kazuhiro Kishi, Hirotaka Shimada, Takayuki Suto, Yasujiro Sakai, Yukiko Tanaka, Yuko Aihara, Masakuni Amari, Haruyasu Yamaguchi, Koichi Okamoto, Masamitsu Takatama, Kenji Ishii, Tetsuya Higuchi, Yoshito Tsushima, Yoshio Ikeda

このページのトップへ

論文が公開されました。

論文掲載

下記の論文が公開されました。

Wenchao G, Yudistiro R, Hanoka H, Katsumata N, Tsushima Y: Potential of three-step pretargeting radioimmunotherapy using biotinylated bevacizumab and succinylated streptavidin in triple-negative breast cancer xenograft.  Ann Nucl Med https://doi.org/10.1007/s12149-021-01597-5

このページのトップへ

論文が出版されました。

論文掲載

下記の論文が出版されました。

鑓田 和真, 中村 潤平, 新井啓祐, 関 裕子, 入内島 明子, 茂木 直, 武井 宏行, 須藤 高行, 大竹 英則, 遠藤 啓吾, 対馬 義人: 群馬県における単純X線撮影の実態調査および被ばく線量の推定. THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL 2021: 71: 9~14

 
中村 潤平, 鑓田 和真, 新井 啓祐, 関 優子, 入内島 明子, 茂木 直, 武井 宏行, 須藤 高行, 大竹 英則, 遠藤 啓吾, 対馬 義人: 群馬県民のCT検査による医療被ばく線量の推定. THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL 2021: 71:15~18

このページのトップへ

論文が出版されました。

論文掲載

下記の論文が出版されました。

Seki Y, Miyazaki M, Suto T, Kameda T, Tsushima Y: Post-contrast Acute Kidney Injury Following Emergency Transcatheter Arterial Embolization for Uncontrollable Postpartum Hemorrhage. Angiology 2021 Feb 11; 3319721991367. doi: 10.1177/0003319721991367

このページのトップへ

論文アクセプトのお知らせ

論文掲載

下記の論文が、Annals of Nuclear Medicineにアクセプトされました。

標題: Potential of three-step pretargeting radioimmunotherapy using biotinylated bevacizumab and succinylated streptavidin in triple-negative breast cancer xenograft
著者: Wenchao Gu, Ryan Yudistiro, Hirofumi Hanaoka, Natsumi Katsumata, Yoshito Tsushima

このページのトップへ

論文が公開されました。

論文掲載

下記の論文が公開されました。

Sakashita T, Watanabe S, Hanaoka H, Ohshima Y, Ikoma Y, Ukon N, Sasaki I, Higashi T, Higuchi T, Tsushima Y, Ishioka N: Absorbed dose simulation of meta‑ 211At‑astato‑benzylguanidine using pharmacokinetics of 131I‑MIBG and a novel dose conversion method, RAP. Ann Nucl Med 2020 Nov 22. doi:10.1007/s12149-020-01548-6.

このページのトップへ

論文アクセプトのお知らせ

論文掲載

下記の論文が、Insights intoImagingにアクセプトされました。

標題: The effect of abolishing instructions to fast prior to contrast-enhanced CT on the incidence of acute adverse reactions
 
著者: Tsushima Y, Seki Y, Nakajima T, Hirasawa H, Taketomi-Takahashi A, Tan S, Suto T

このページのトップへ