現在使用しているテンプレートファイル:category.php

CATEGORY


第36回日本脳神経血管内治療学会総会にて発表します。

学会発表

学会名: 第36回日本脳神経血管内治療学会総会

会場: 国立京都国際会館

会期: 2020年11月19日(木)~21日(土)

***********************************************************************

タイトル: 大動脈弓部の解剖学的因子がカテーテルアクセスに与える影響

発表者: 関 優子, 安藤 雅, 須藤 高行, 清水 立矢, 藍原 正憲, 山口 玲, 相島 薫, 好本 裕平

***********************************************************************

このページのトップへ

RSNA Annual Meeting2019_学会発表について

学会発表

2019年12月1日(日)~6日(金)にシカゴ(米国)にて開催されたRadiological Society of North America2019で発表いたしました。
 
*Presenter: Yoshito Tsushima

A new strategy preventing medical errors caused by unread imaging interpretation reports: star search project
 
*Presenter: Soma Kumasaka

Increased bone marrow densityon unenhanced CT in patients with acute myeloid leukemia
 
*Presenter: Trang T.Dam

A pictorial review of positron emission tomography with 18F-FDG in rhematoid arthritis

このページのトップへ

第55回日本医学放射線学会総会にて発表します。

学会発表

2019年10月18日(金)-20日(日)、愛知県 ウインクあいち キャッスルプラザにて開催される第55回日本医学放射線学会にて、口演発表します。

特別企画4:Towards a Brilliant Future in Radiology
(アジア若手放射線科医の指名による英語のセッション)

10月19日(土)9:00~12:00 第3会場(ウインクあいち5F 小ホール2)

共催:チャートウェルヘルスケア株式会社

Xieyi Zhang, Tetsuya Higuchi, Lamid-Ochir Olyunbold, Anu Bhattarai, Huong Nguen Thu, Ayako Taketomi-Tkahashi, Hiromi Hirasawa, Yoshito Tsushima: Early detection of PD using TgDT in metastatic DTC treated with RAI
 

このページのトップへ

第47回日本磁気共鳴医学会大会・MR学会群馬会

学会発表

2019年9月20日(金)-22日(日)熊本県ホテル日航熊本にて、第47回日本磁気共鳴医学会大会が開催されました。

対馬教授が、放射線科医・診療放射線技師・看護師等の医療従事者向けに講演をしました。

9月20日(金)ランチョンセミナー

Use of Gadolinium Contrast Agent for Pregnant and Feeding Mothers
「妊娠中および授乳中の母親へのガドリニウム造影剤の使用」

 
9月21日(土)スポンサードシンポジウム-MRI造影剤-

Revision of ESUR Guideline and Recent Topics
「ESUR Guideline の改訂と最近の話題」
 
学会後にはMR学会群馬会が開催され、和やかな雰囲気の中、楽しいひとときを過ごしました。

このページのトップへ

ESMRMB2019-学会発表のお知らせ

学会発表

European Society for Magnetic Resonance in Medicine & Biology -2019にて発表します。
 
Hayashi N, Iwasaki K, Sato Y, Maruyama T, Motegi S, Ogura A, Ogura T, Kumasaka S, Tsushima Y, Automated segmentation of bone regions by deep learning for the quantitative analysis of whole-body magnetic resonance imaging. The European Society for Magnetic Resonance in Medicine and Biology 2019 Congress, October 2019, Rotterdam, Netherlands
 
Sato Y, Hayashi N, Maruyama T, Ujita K, Suto T, Watanabe H, Ogura A, Tsushima Y, Optimization of scanning conditions to detect trace concentrations of gadolinium with a heavy T2 FLAIR sequence. The European Society for Magnetic Resonance in Medicine and Biology 2019 Congress, October 2019, Rotterdam, Netherlands

このページのトップへ