現在使用しているテンプレートファイル:category.php

CATEGORY


日本分子イメージング学会にて発表します。          5月25日(木)-26日(金)、会場:横浜港大さん橋ホール<2017.5.25>

お知らせ

*** Poster session *** Bioluminescence images allows prediction of treatment response of Cryoablation in Colon26-Luc murine colon cancer model. Oyunbold Lamid-Ochir, Takahito Nakajima, Masaya Miyazaki, Yoshito Tsushima
ヨウ素標識αメチル-フェニルアラニンの体内動態の違いに関する検討 Different biodistribution of iodine-labeled alpha-methyl-phenylalanine in mouse
花岡宏史, 山口藍子, 大島康宏, 石岡典子, 対馬義人

褐色細胞腫のPET 診断薬剤としての18F 標識MIBG アナログの有用性評価 Evaluation of [18F]FIBG as a PET imaging agent for the detection of Pheochromocytoma
山口藍子, 花岡宏史, 樋口徹也, 対馬義人

このページのトップへ

EJNMMI Researchに論文が受理されました。<2017.5.23>

お知らせ

詳細につきましては、後日研究業績ページにアップ致します。

◆著者: Keishi Horiguchi, Masahiko Tosaka, Tetsuya Higuchi, Yukiko Arisaka, Kenichi Sugawara, Junko Hirato, Hideaki Yokoo, Yoshito Tsushima, Yuhei Yoshimoto.

◆タイトル: Clinical value of fluorine-18α-methyltyrosine PET in patients with gliomas: comparison with fluorine-18 fluorodeoxyglucose PET.

このページのトップへ