2015年、表彰・・・。 <2015.12.28>

お知らせ

一年間の労をねぎらって、12月25日(金)放射線部の懇親会を開催。席上、放射線部(医師)放射線部(診療放射線技師)の表彰が行われました。各賞は以下の方々です。

【放射線部、医師】

CT Reader of the year 2015 島田健裕先生

MRI Reader of the year 2015 倉林剛巳先生

Sonologist of the year 2015 藤田彩奈先生

Interventionalist of the year 2015 渋谷圭先生

Nuclear Medicine Physician of the year 2015 有坂有紀子先生

Senior Resident of the year 2015 高橋亮介先生

【放射線部、診療放射線技師】

対馬部長(教授)より  部長賞   福島康宏技師    特別賞 都丸浩美技師

須藤技師長より     技師長賞  大橋慶明技師黒澤裕司技師

2016年も更に活躍してくださると、期待しております。また、いつにない多忙な日々の中、それぞれの方々のお力なくしては成り立たないお仕事、お一人お一人に改めて感謝と敬意を表します。来年も宜しくお願いいたします。

このページのトップへ

環太平洋国際化学会議Pacifichem2015において・・・。 <2015.12.11>

お知らせ

来る12月15日からホノルルにて開催される環太平洋国際化学会議Pacifichem2015において、当研究室の共同研究者である大島康宏先生がポスター発表します。

OhshimaY, Suzuki H, Hanaoka H, Watanabe S, WatanabeS, Watanabe N, TsushimaY, Endo K, Arano Y, Ishioka N: Development of 2-[211At]astato-a-methyl-L-phenylalanine (2-AAMP) as a novel
radiopharmaceutical for internal radiotherapy. Pacifichem2015, 12.15-20, Honolulu Hawaii,USA

このページのトップへ

臨床画像Vol.31 No.12 2015・・・。 <2015.12.10>

お知らせ

臨床画像Vol.31 No.12 2015に当研究室に関係する方々の執筆文が掲載されています。

福島康宏: CTにおける患者被ばくの現状と被ばく管理の実際.

関優子、須藤高行: 血管造影検査およびIVRにおける医療従事者被ばく管理.

高橋亮介: Lower extremity/Leg(下肢). 企画:対馬義人、企画・編集:青木純(群馬中央病院放射線科)

また、当研究室の対馬義人教授が、巻頭の序説を受け持っています。

 

臨床画像CLINICAL IMAGIOLOGY Vol.31 2015 <2015.12.10>

臨床画像 10月増刊号【Tumor syndromes】の企画・編集として対馬義人教授が携わっております。また、岡内研三先生・対馬教授の執筆文が掲載されています。

[IMAGING Findings] 多発性内分泌腫瘍症1型(MEN1)

[IMAGING Findings] 多発性内分泌腫瘍症2型(MEN2)

[IMAGING Findings] 遺伝性褐色細胞腫・傍神経節細胞腫(PPGL)

[IMAGING Findings] 家族性下垂体腫瘍(FIPA)

[IMAGING Findings] ACTH非依存性両側副腎皮質大結節性過形成(AIMAH)

[IMAGING Findings] Carney complex(CNC)

[IMAGING Findings] McCune-Albright症候群(MAS)

[IMAGING Findings] 原発性アルドステロン症(PA)

このページのトップへ

« 古い記事